男性向け 【男性必見】絶対盛り上がる合コンの話題|合コンのプロが教える最強会話テクニックを紹介! | LoveMA!(ラブマ!)

【男性必見】絶対盛り上がる合コンの話題|合コンのプロが教える最強会話テクニックを紹介! | LoveMA!(ラブマ!)

2020.07.17更新

合コンで話題に困ったことありませんか?

すごく盛り上がっていたのに、急に変な間が空いてしまった…あの微妙な空気感。

何を話題にしても、なかなか盛り上がらない…ネタが尽きてしまった時の無力感。

タイプの女の子を前に、しどろもどろしている姿なんて見せたくもないですよね!

ここでは合コンで話題に困った経験のある男性、これから合コンデビューする男性に向けて、

  • 合コンでの話題作りのコツと必要性について
  • 話題が尽きた時のネタを紹介
  • 合コンのプロ・アモーレ石上さんへの質問コーナー

など、合コンに参加する男性に使える会話術や話題をアモーレ石上さん監修の元、詳しく紹介しています。是非参考にしてください!

アモーレ石上
プロ合コンコーチ
30代独身男性向け恋愛アドバイザー
2000回の合コンに参加した合コンの神。マスコミ掲載実績も多く、雑誌掲載や記事執筆など恋愛アドバイザーとして多方面で活躍。2011年には結婚、最近は子供も生まれ私生活も充実している。
著書に「下剋上合コンのプロコーチが教えるモテる戦略」

アモーレ石上さんのホームページはこちら

合コンで女性にモテる会話や話題作りのコツは必要ない!?

「いざ合コンに行ってみたものの、なにを話していいのかよく分からない。会話に困った結果、変なタイミングで静寂が訪れてしまい、重たい空気になってしまう…」

合コンなどの飲み会に参加したことがある男性の中には、上記のような経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。

沈黙は怖いですが、だからといってどんな話題を用意すればいいのかも分からないですよね。「合コンに使える話題づくりのコツを知りたい!」と考える男性は多いかと思います。

しかし、実は合コンにおいて話題作りは、あまり重要ではありません。それよりも大切になるのが「聞き上手になる」ということです。

そもそも合コンの第一目的は女性から情報を聞き出すこと。相手がどんな人なのかも分からずに口説くことはできませんし、何が好きで嫌いなのかにもよって適切な接し方も変わってきますよね。

そのため、合コンでは話題作りに必死になるよりも、いかに相手の情報を引き出せるかが重要になります。そして、相手の情報を引き出すためにも、「聞き上手になる」必要があるのです。

聞き上手になれれば、話題づくりに必死になることもありません。話題作りばかりを気にせず、気張らずに男らしくどっしりと構えましょう!

アモーレ石上

聞き上手になるもう一つの目的は、「相手を気持ちよくさせること」です。人間、誰しも自分が好きなテーマを話しているときは快感を覚えます。そうすると、その話を聞いてくれた相手に対しても人間的好感を覚えます。

この好感はすぐに恋愛感情に変化するとは限りませんが、少なくとも自分が好意を持っている女性に人間的好感を持たれることは、その後の恋愛展開に関してマイナスになることはありません。
なので、聞き上手は女性と会話をする上で非常に重要な要素と言えます。

なぜ、聞き上手になることが必要なのか?

聞き上手になる必要性に気付いていない方は、合コンの目的を勘違いしている可能性があります。もしかして「相手からモテるために自己アピールする」ことが目的だと思っていませんか?

もちろん、合コンの最終段階ではある程度の自己アピールは必要です。しかし、前述したように、合コンでは相手の情報を引き出すことが第一の目的になります。

例えば、相手のことを知らない状態で、いきなり「俺すごいんだぜ?」アピールをするとどうなるでしょうか。

自分では自己アピールしているつもりでも、相手からすると「痛いヤツいるな…」と引かれてしまうだけです。

そのため、自己アピールするよりも、まずは相手をよく知ることを最優先にしましょう。

アモーレ石上

合コンで自己アピールに懸命な男性は非常によく見かけます。女性は優しくて大人対応ができるので、「そうなんですね。凄いですね。」と優しく聞いてくれているように見えますが、心の中では「あー、このクソ男の話、まじつまんねえな。早く終わんねえかな。」と99%の確率で考えています。
男の自慢話はこの世で女性が最も興味がない話題であることを強く心に留めておきましょう。

聞き上手になるには「話させ上手」になる事が重要!

聞き上手になるには、「話させ上手」になることが重要になります。

そもそも自分が聞き上手でいるには、相手が色々な情報をあなたに話してくれることが前提でなければ成り立ちません。話させ上手でいなければ、聞き上手にもなれないのです。

それでは、話させ上手になるにはどうすればいいのでしょうか。重要となるポイントは以下の2つです。

  • 「しっかり話を聞いている感」を出す
  • 共感していることを伝える

上記の2つを押さえておけば、誰でも話させ上手になれます。以下でそれぞれの内容を見ていきましょう!

アモーレ石上

話させ上手になるためには、男女の会話における発言時間比率を意識しましょう。目安としては、男:女=2:8くらいの割合で考えておくといいでしょう。
つまり、男は殆ど話す必要がないということです。相手の話をうまく引き出す質問と、女性の話が終わった後のポジティブなコメント。この2つを適度に入れるだけで、自然と女性が沢山話すシチュエーションが出来上がっているはずです。

「しっかり話を聞いている感」を出す

話を聞いてるのか聞いてないのかも分からない人に、自分のことを話したいと思う人はいません。まずは「しっかり話を聞いている感」を出して、女性が安心して話せる環境を作ってあげましょう。

ちなみに、「しっかり話を聞いている感」を出すためには「オウム返し」が有効です。実際に「オウム返し」を使った例文を見てみましょう。

男性:「最新機種のスマホ使ってるんだね!」
女性:「この前スマホ壊れちゃって、新しいのに機種変したんだよね」
男性:「スマホ壊れちゃったの!?(オウム返し)それは大変だったね」

上記にように相手が話した内容を確認するようにオウム返しをすることで、「しっかり話を聞いている感」を出すことができます。

このオウム返しは、「バックトラッキング」と呼ばれる心理テクニックで、相手の話をしっかり聞いていることを演出したいときに有効です。営業などのビジネスシーンで使われがちですが、合コンの場でも役立ちますよ!

アモーレ石上

オウム返しは比較的実行しやすいテクニックなので、是非実践することをお薦めします。そして、そこに可能であれば「ほめる」言葉を入れると効果が倍増します。
上記の例であれば、「スマホがカッコいい」「お洒落なスマホだね」「そのスマホを選ぶセンスがいい」などのコメントをほめ言葉として追加します。

共感していることを伝える

相手の話に対しては、かならず自分が共感していることを伝えましょう!

なぜなら、共感していることを伝えることで、相手に「この人は自分のことを分かってくれる」と思わせることができるためです。結果的に、相手が安心して話しやすくなる環境を作ることができますよ。

共感していることを伝える方法は何でも構いません。「そうだよね、それすごい分かる!」と相槌を打つように言葉で伝えるのもいいですし、「うんうん」と頷くだけでもOKです。

アモーレ石上

共感に加えて、「共通点」を意識して会話をすると話が盛り上がって、自然と「話させ上手」になることができます。テーマは何でもいいのです。例えば、相手の住んでいるところを聞いてみたら同じ駅、若しくは近くの駅だったということはそんなに珍しいことではありません。

同様に、女性が一人暮らしだった場合は出身地を尋ねてみましょう。その出身地にあなたが行ったことがあったり、知っていることがあれば、それを伝えます。そうすると、それはもう立派な共通点です。

こうして、共通点や共感をうまく使って、初対面のあなたに対して女性が持っている警戒心を徐々に取り除いていくことが重要です。

アモーレ石上の小まとめ!モテる会話や話題作りのコツは必要ない!?

ここまででモテる会話や話題作りのコツとして、聞き上手になる重要性や共感の大切さについて紹介してきました。

重要なポイントをもう一度ここで、アモーレ石上さんにまとめていただきました。

しっかりと頭にいれて、次の合コンに挑みましょう!!!

アモーレ石上

このように、合コンにおける会話では、常に聞き上手、より正確に言うと「話させ上手」になることが極めて重要です。そのためには、常時相手女性の立場に立って、「何が女性にとって楽しいのだろう?」という客観的視点を持つことが肝要です。
モテない男性はそうした視点を持つことができず、自分目線の発言や行動しか実行することができません。だから、相手女性の気持ちを思慮することなく自慢話に走り、女性に嫌われてしまうのです。
しかも、客観的視点を持っていないので、自分を客観視することができず、何故自分が女性にモテないのかを理解することができません。こうして、合コンに沢山参加して、自分では努力して話しているつもりでも全く女性にモテない男性が生産されていきます。
合コンにおいては、主観的視点より客観的視点、自分目線ではなく相手目線が大事であることを意識して、女性と会話しましょう。そうすれば、あなたと会話する時間を心地よいと感じる女性が頻出して、あなたはモテる男になることができます。


いかがでしょうか?「なるほど!!!」と納得した男性が多いと思います。
実際に自分の話に精一杯になって、相手の事を考えていない男性を見かけること、多くありますよね。

小学生の時、学校での出来事をお母さんに話をしている感覚で、合コンに来ている女性に話をしていてはウザがられてしまうだけです。

今までの自分自身の行動を客観的視点で振り返ってみて、次回の合コンに役立ててみてくださいね!

合コンは2時間で勝負!話題を意識しすぎず、自然に会話を!

合コンは2時間~3時間であることがほとんどです。つまり、限られた時間の中でいかに相手の情報を集めて、アプローチできるかが大切になります。
そのため、合コンに参加する際はしっかり時間の意識を持つことが重要です。

例えば、同じ話題をダラダラを話したりするのはNG。時間を有効に使うためにも、様々な観点から相手の情報を引き出してみましょう!

ちなみに、限られた時間の中で相手の情報を引き出すのにおすすめなのが、「序盤」「中盤」「終盤」ごとに話題の質を変える、という方法です。

経過した時間によって合コンの空気感も変わってくるので、その空気に合わせた話題をチョイスすることで、より多くの情報を引き出すことができますよ!

では、具体的には、どんな風に話題の質を変えていけばいいのでしょうか。以下で合コンの「序盤」「中盤」「終盤」ごとに、盛り上がる話題や会話のコツを紹介します。

合コン「序盤」で話が盛り上がる話題

合コンの序盤ではお互いに探り合いの状況なので、空気が少し重くなりがち。簡単な話題を選びつつ、徐々にその場の空気を楽しげなものにしていきましょう。

では、序盤の話題としてはどんな話題がベストなのでしょうか。よくある話題や具体的な切り出し方、会話のコツについて見ていきましょう。

自己紹介

合コンというものは基本的にお互い初対面です。まずは簡単でいいので、自己紹介をしておきましょう。

あまり長すぎると変な空気になるので、以下のような本当に簡単なものでOKです。

  • 名前
  • 仕事
  • 趣味など

また、相手が自己紹介を始めて共通点があったときは「俺も〇〇だよ!」などのように、どんどん触れていきましょう。その後の話題作りにも役立ちますよ。

なお、自己紹介でウケを狙っていくのはおすすめしません。滑ったときに場が和む可能性もありますが、空気が凍りついて二度と溶かせなくなってしまう可能性もあるので、無難な内容にしておきましょう。

地元の話

お互いのことをよく知らないときに有効なのが地元の話。ほかに話題が思いつかないときは、「〇〇ちゃんは地元どこなの?」と聞いてみてください。

地元の話なら相手も話しやすいので、「〇〇だよ!」と気軽に答えてくれるはず。

同じ地元なら盛り上がることなしです!

また、同じ地元ではなくても、その地元特有の方言や特産物などを知っていれば、さらに話題を広げることができます。

例えば、「あの芸能人と同じ地元じゃん!」「そこって〇〇が美味しい場所だよね!いいなあ〜」などと返してあげることで、会話を続けることができますし、何より好印象です。

休みの日の過ごし方

合コン序盤では、休みの日の過ごし方も話題としては鉄板です。

話題的に切り出しやすいですし、相手の趣味や生活スタイルなども知れるので、次の話題につなげることもできます。

例えば、「休日は家で映画を観てる」など、一見無難そうな内容でも「映画良いね!どんな映画好きなの?」といったように、新たな話題に発展させることが可能です。

また、休みの日の過ごし方に共通している部分があれば、今後デートにも誘いやすくなりますよ。

合コン「中盤」で話が盛り上がる話題

序盤はお互いに緊張していたり警戒していたりで空気もちょっと重めでしたが、合コン中盤では、最初よりもお互い話しやすい空気ができているはずです。

ここからは、相手とさらに仲良くなったり、盛り上がったりするような話題を選びましょう。

以下で合コン中盤に使える話題を紹介します。

第一印象

相手とある程度会話ができていれば、第一印象と今の印象はお互いに少し異なっているはずです。ここで、「俺の第一印象ぶっちゃけどうだった?」と聞いてみましょう!

相手も本音を出してくる頃合いなので、「チャラそうだった!」「堅い感じの人だと思った!」など、素直に第一印象を話してくれます。

「それよく言われるんだよね〜」「いやそれは傷つくわw」など話のネタにもなりますし、全体的な空気も盛り上がりますよ!

ゲーム

みんなでゲームをすることによって、さらに場を盛り上げることができます。最近では、合コン用に作られたようなスマホアプリも多いので、ぜひ活用してみましょう。

また、合コンといえば王様ゲームが定番ですが、王様ゲームが苦手な人も多いので注意。相手が遊び慣れていないような雰囲気であれば、やらないほうが無難ですね。

好きな人のタイプ

合コンの定番の話題でもあるのが「好きな人のタイプ」です。

雰囲気が盛り上がってきたら、「〇〇ちゃんはどんな人がタイプなの?」と聞いてみましょう。

自分が脈ありなのかどうかも何となく判断することができます。

なお、相手に好きな人のタイプを聞くと、ほぼ確実に「〇〇君は?」と聞かれます。このときに具体的なタイプを明言するのは控えるのがおすすめです。

というのも、好きなタイプを具体的に明言して、もし相手が当てはまっていない場合、「私じゃ無理か…」と思わせてしまう原因になります。

そのため、回答しては、

  • 「フィーリングが合う人」
  • 「一緒にいて面白い人」
  • 「好きになった人がタイプ」

など汎用性の高いものが無難です。

「無難すぎない?」と思うかもしれませんが、ここで相手との距離感が遠くなるような発言をしてしまうと後々響きます。

合コン「終盤」で話が盛り上がる話題

合コンもいよいよ終盤。ここからは、相手と仲良くなるだけでなく、次に繋がる話題や距離感が近づくような話題が重要になります。なかでも取り入れておきたい話題を順番に紹介します。

2人だけの秘密を共有する

合コンも終盤までくると、自分が仲良くなりたい女性も絞られていますよね。

その女性とさらに親密になるためにも「2人だけの秘密」を作ってみてください。

例えば以下のような秘密です。

  • 他の2人を一緒に応援する
  • 他のメンバーの秘密を明かす
  • 他の人には伝えていない自分の秘密 など

2人で秘密を共有することで、「私たちは仲間だよね」という意識を作ることができます。仲間意識が生まれれば、相手との距離もグッと近くなりますよ。

次の休みの予定

相手の女性とデートの約束を取り付けたい方は、合コン終盤で「そういえば次の休みって何してる?」などのように、次の休みの予定を聞いておきましょう。

このタイミングで「とくに予定ないよ」と言われれば、「じゃあデートしない?」と積極的に誘ってOKです。

いきなりデートに誘うことに不安を感じるかもしれませんが、相手も次の休みの予定を聞かれた時点で「これはデートに誘われるパターンだな」と勘づいています。

つまり、もしデートを断りたければ嘘でも予定があることにするはず。逆に言えば、「予定がない」ということは「デートしてもいいかな」と思っている可能性が高いのです。

とはいえ、本当に予定が入っている可能性もあります。

もし予定があると言われたときは、「デートに誘おうと思って…」と素直に伝えてみましょう。

相手も自分と同じ気持ちのときは、違う日にちを提案してくれることもありますよ。

二次会に行くか行かないか

合コン終盤になると「二次会に行くか行かないか」という問題を解決する必要があります。

これは男性陣の間でLINEなどを使って共有しておきましょう。

二次会に行くか行かないかをはっきりさせておかないと、お持ち帰りできそうな女性がいるのに二次会に行くハメになる可能性もあります。

「男性のうち誰かがお持ち帰りできそうな雰囲気なら二次会はなし」など、お互いに配慮することが大切です。

自分の弱み

終盤では気になる女性に対して、自分の弱みをさらけ出してみましょう。自分の弱みをさらけ出すことで、相手との距離を大きく縮めることができます。

そもそも一般的には、「男性は基本的に弱みを見せたがらない」と思われています。

そんな常識がある中、相手の男性から自分の弱みをさらけ出されると、女性は「弱みを見せてくれるなんて、私はこの人に信用されている」といったような特別感を感じます。

その結果、距離感が一気に縮まるのです。

また、自分から弱みをさらけだすことで、相手が「私も〜」と自分の弱みを告白してくれる可能性もあります。そうなると、お互いに信頼性や特別感が生じて恋愛関係にも発展しやすくなりますよ。

いつでもNG!合コンには向いていない話題

お互いに楽しく会話できるなら合コンの話題は何でもOKですが、中には合コンには適していない話題もあるので注意してください。

とくに以下の話題は確実に避けておきたいところです。

  • 自慢話
  • 人の悪口
  • 内輪しか理解できない話題
  • マニアックすぎる話題

このような話題を口にしてしまうと女性に引かれるのはもちろん、男性陣からも「あいつはもう合コンに誘わないようにしよう…」と思われてしまう可能性もあります。

どんなに話題作りに困ったとしても、上記の話題は避けるようにしましょう。

「話題が尽きた…」ピンチを救うアモーレ流対処方法

序盤~終盤までのおすすめの話題を紹介してきましたが、なかなか上手くいかないこともありますよね。

そんな時の為に、2000回以上の合コン経験を持つアモーレ石上さんに話題について教えていただきました!

「やばっ」という時に役立つ、アモーレ流のワザです。

アモーレ石上さんの講座を受けないと知ることのできない!?テクニックなので、この機会に覚えておきましょう!

合コンの際、女性と話すときの話題として、漢字9文字を覚えておきましょう。
それは、「衣・食・住・遊・学・人・建・仕・家」の9つです。
衣はファッションや服装に関すること、食は食べ物やレストラン、住は今の住まいや出身地、遊は趣味や特技、学は学生時代に学んだことや今のお稽古事、人は性格や共通の知人、健は健康や美容、仕は仕事内容や職歴、家は家族や家庭に関することです。

日本人の誰もが九九を暗記しているように、あなたもこの漢字9文字を正確に記憶しておいて、
常に頭の中から引っ張り出せるようにしておきましょう。

それほどこの9文字は大事です。この9つのテーマを女性に投げかけて、相手が好きな話題を掘り起こします。そうすれば、女性との会話が止まることはありません。

まずは、この漢字9文字をスマホのメモ機能に貼り付けて、いつでも見られるようにしておきましょう。

そうすれば、合コンの時にこの9文字を忘れてしまっても、トイレに行ったときなどにスマホを見て思い出せばいいのです。
それを繰り返すうちに自然と記憶できるようになります。

女性と会話する際のテーマは漢字9文字を完璧に覚えておきましょう。

そうすれば、あなたは合コンで女性との会話が途切れる事態を未然に防ぐことができます。

合コンで男性が持つ疑問や質問にアモーレ石上が答える!

実際に合コンに行ってみると、なかなかアモーレ石上さんのように女性と上手く会話ができないものですよね。

ここまでで「聞き上手」「話させ上手」になること「共感」や「話題に困ったときのテーマ」を知ることができたと思います。

ここからは、合コン対し悩みを抱えている一般男性からの質問をTwitterやクラウドワークスで募集し、質問にアモーレ石上さんに答えていただきました!

自分と同じ悩みを抱えている人もいるかもしれません!
是非参考にしてくださいね!

Q. 40代男性(合コン経験5回):おとなしい子へのアプローチの仕方がよくわからない

アモーレ石上

先にお伝えした「衣食住遊学人健仕家」のテーマを頭に入れて、色々な質問を繰り出してきましょう。
世の中に何に対しても興味が無いという人はいません。
必ず相手の興味があるテーマがあります。
まずはそれを発見することに全力を尽くしましょう。


Q. 30代男性(合コン経験3回):合コンで上手くアピールするには?

アモーレ石上

そもそも、合コンにおいて上手く女性にアピールしようという考え方が間違っています。
あなたがアピールなどしなくても、女性は個々の男性のことを実によく観察しています。
男性に対する観察ポイントは多々ありますが、大事な2つを挙げるとすれば、「清潔感」と「気づかい」です。
なので、まずは合コンには相手に悪印象を与えない綺麗目な格好で臨むこと。
そして、例えば相手の女性が持っている鞄をどこかに置いてあげたり、冬場であれば着ているコートを預かってハンガーに掛けてあげるなどの気づかいをすることが重要です。


Q. 30代男性(合コン経験5回):連絡先を聞くタイミングがわからない

アモーレ石上

これは、合コン終了の直前(5-10分前)にしましょう。
途中で席替えがある場合は、その席替えの直前にします。
「じゃあ、そろそろ席替えの時間なので、『緊急連絡先』の交換をしましょう。」と言うとちょっとした笑いが生まれます。
LINEのQRコードを出してもらってそれを読み取ります。
このとき、近くの席に座っている皆で交換するように、交換を断り辛い雰囲気になってより多くの女性と連絡先交換をすることができます。


Q. 30代男性(合コン経験5回):実際下ネタってありなのか?

アモーレ石上

会話レベルが上級であって、相手の女性のプラスマイナスの反応を鋭く読み取れる男性であれば、下ネタで盛り上げることはできます。
しかし、合コン経験回数がたった5回で、この場で質問をしているあなたは、まだ会話レベルも低ければ、女性の反応を感知する能力は低いものと思慮されます。
そうした男性が自らの好奇心に突き動かされて下ネタを話しても恐らく場の雰囲気は盛り下がり、あなたはただのいやらしい男だと認定される可能性が高いでしょう。
従って、現状では合コンでは下ネタを出さないことを推奨致します。


Q. 40代男性(合コン経験5回):今まで付き合った人数を聞くのはありかなしか?

アモーレ石上

交際人数を尋ねること自体は問題ありません。
重要なのは、その質問に至るまでの会話の過程や、あなたの質問の仕方です。
例えば、恋愛話を楽しく展開していた上で、その流れで過去の交際人数を質問するのは全く問題ないでしょう。
しかし、それまで全然恋愛と違う話をしてたのに、いきなりその質問をされたら相手はびっくりするし、あなたに対して警戒心を持つでしょう。
警戒心を持たれることは恋愛展開に関してマイナスの影響を与えるので、質問する流れを意識することが大事です。


Q. 30代男性(合コン経験10回):全く興味のない話題を展開された時、どう盛り上げるべきなのか

アモーレ石上

自分が全く興味のない話を女性が振ってくること、確かにありますよね。
そういう時に有効なのが「教えて攻撃」です。
例えば、女性の趣味が宝塚観劇だったとします。当然あなたは宝塚に興味も知識もありません。
そうした場合、5W1Hを使って相手に質問していきます。
「宝塚をどうして好きになったの?」「年何回くらい観劇に行くの?」など質問をして相手に教えを請うのです。
すると、相手は勝手に沢山答えてくれますから、あなたはそれに対して大きく頷いたり、「凄いねー。」とコメントすれば、女性が持つ「好きな話をしたい」という欲望が満たされ、自然とあなたに対して人間的好感を持つようになります。


Q. 30代男性(合コン経験5回):合コンで電話番号を全員に聞くべき?

アモーレ石上

最近は連絡先は電話番号でなくLINEのケースが多いでしょうからそれを想定した上で回答します。
結論から言うと、必ず全員の連絡先を聞きます。
例え、席の端っこ同士で全く会話が出来なかった女性でも、帰り際にその子に立ち寄って「ちょっと席が離れていて全然話せなかったんだけど、LINEの連絡先教えて貰えるかな。」と言って、連絡先を入手します。
女性の連絡先は多く持っていて困ることはありません。
すぐには仲良くなれなかったとしても、半年後や1年後に、デートや次の合コンに繋がるケースも多々あります。
なので、合コンでは必ず参加女性全員の連絡先を入手するように致しましょう。


Q. 50代男性(合コン経験3回):合コンでリーダーシップをとったほうがモテる?違う形で目立つほうがモテる?

アモーレ石上

この質問も先ほどあった「合コンで上手くアピールするには?」と同じ回答になります。
そして、まずこの質問をする時点で、「ああ、この質問者様は女性にモテないのだろうな。」ということが推測できます。
何故なら、この質問は自分のメリットしか考えていない、主観的視点に立った質問だからです。
そもそも合コンで目立ってモテようという考え方が間違っています。
女性は必ず男性の言動を細かく観察しています。
合コンの場で付け焼き刃のリーダーシップを取ろうとしても、普段から仕事や組織の場でそうした統率力を発揮できていない男性は、女性にすぐに見抜かれます。
目立とう目だとうと思うから、普段と違うことをやってしまい、そこにミスが出るのです。
それよりも、いかに合コンにおいて女性をおもてなしするか、合コンに参加してくれた女性に対して感謝の気持ちを持つことができるか。
そうした考え方を頭に植え付けることが極めて重要なのです。

合コンの「話題」は聞こうとすると自然に生まれる!

今回の記事では、アモーレ石上さんの監修の元「聞き上手」の重要性や合コンのときに使える話題などについて紹介しました。

合コンのときに盛り上がる話題をいくつか紹介しましたが、一番大切なのはいかに「聞き上手」になるかです。話題作りに悩むのはそこそこに、まずは女性が安心して話せるような聞き上手を目指しましょう!

SHARE

恋活の新着記事

ページ先頭へ