男性向け

初めての彼女ができた!大切な彼女と長く付き合うために彼氏がすべきこととNG行動あるある

初めての彼女ができた!大切な彼女と長く付き合うために彼氏がすべきこととNG行動あるある

「初めての彼女ができたー!」

男性にとって『初めての彼女』というのは特別な存在です。
彼女のことがめちゃくちゃ好きだし、大切にしたいし、このままずっと別れたくないですよね。

女性からすると、彼氏にとって自分が『初彼女』だった場合、嬉しい反面、私は初めてじゃないけど大丈夫かな・・などと悩んでしまうことも。

そこで今回は

  • 初カノができた男性
  • 彼氏にとっての初カノになった女性

へ向けて、今の幸せな関係を長続きさせるコツ注意点などを解説していきたいと思います。

大切な相手を失わないために知っておくべき重要な3つのポイントについても紹介していますので、要チェックですよ!

このページの目次

初カノは特別!好きすぎる!初めての彼女あるある

初めて彼女ができた男性にとって初カノの存在は好きすぎて特別な存在なので、本当に大切にする人がほとんどです。

しかし、その一方で、初カノにとっては特別な存在として大切にされることに対して嬉しい反面、困惑してしまうこともあるようです。

そこでまずは、初カノができた男性によくある「初めての彼女あるある」を見ていきましょう。

「そうそう!」「あるある!」と思ったものもいくつかあったのではないでしょうか。
それぞれの「初めての彼女あるある」をもう少しだけ詳しく解説しますね。

彼女のことが好きすぎる。幸せすぎてにやける。

初めて彼女ができると幸せすぎて、彼女のことが好きすぎて仕方がないという人が多いです。

重症な場合、勉強や仕事をしていてもつい彼女のことを考えてにやけてしまう人もいたり、四六時中彼女のことで頭がいっぱいになったりします。

デート場所の下調べはとことん入念に。下見も欠かさない。

大好きな彼女とのデートは、場所の下調べをとことん念入りに行うことも多いです。

初めての彼女ができて自分はこんなにマメだったんだと初めて気付かされることもあるようで、そんな自分も好きになったりする人も。

中には、デートの場所の下調べだけでは不安になって、下見も欠かさない人もいるくらいデートを楽しみに待ち焦がれている人が多いです。

デート前日に服買いがち。初めて香水なんかも付けてみる。

デートの場所の下調べを完璧に終えると、次は自分の身なりが気になって仕方がなくなったりします。

特に服装は、彼女にオシャレと思ってもらいたいという人も多く、ついデート前日に服を買ってしまう人もいたり、これまで香水に興味関心がなかった人でも、なにかつけてみようと挑戦したりします。

妄想が止まらなくてなかなか寝れない。結婚まで想像しがち。

毎日、彼女のことを考えると、彼女との幸せな妄想が止まらず、特に就寝時には妄想しすぎて眠れなくなってしまう人もいます。

彼女と付き合い始めてそれほどたっていないにも関わらず結婚を想像したり、どんな家庭になっているだろう、子供はどのくらい?なんて、妄想し出すともう止まりません!

30分前に着いてたのに「今、来たとこ。」

彼女とのデートでは、待ち合わせ時間まで待ちきれず、30分以上も前に到着することもザラです。

30分前に既に着いていたにも関わらず、彼女には「今、来たとこ。」と涼しい顔で答えるのも初めて彼女ができた男性のあるあるです。

デート中の手汗ハンパない。

初めての彼女ができてからまだ日が浅い男性は、デート中は嬉しい反面、かなり緊張状態の人もいて、特に手汗がハンパないという人が多いです。

デート中の手汗は、デートの回数を重ねて、彼女とのお付き合いも順調に進んでいくと自然と気にならなくなりますが、最初の数回は手汗に悩む人も少なくありません。

手をつなぐタイミングが分からなすぎて軽くパニック。

デート中、できればごく自然に手をつないでみたいと思っているにも関わらず、手をつなぐタイミングがわからなくて軽くパニックになる男性もいます。

テレビドラマや映画のように、彼女に胸キュンさせたいと思う一方で、自分にとっては初めての彼女というハードルの高さが邪魔してなかなか上手くいきません。

なかなかキスに進めないのに、したらしたでキスしまくり。

デート中に手を繋ぐことも自然にできるようになってくると、恋人同士なのでやっぱりキスしたい・・・。という願望が芽生えてくるのは、ごく自然な心理です。

しかし、手を繋ぐキッカケを作れないのと同じくキスするタイミングもわからず、モヤモヤする人も多いです。

しかし、一度キスすることができたら、もう止められないというくらいキスしまくりの男性がいるのも、初めての彼女あるあると言えます。

彼女の親に嫌われるのが怖くて、帰りの時間をめっちゃ気にする。

せっかくできた初めての彼女とのお付き合いだからこそ、両親をはじめみんなに好意的に思ってもらいたい人が多いです。

その結果、彼女の親に嫌われるようなことがあっては大変と、デート中も帰りの時間をすごく気にする男性がいるのも初めての彼女あるあるといえますね。

見栄はりすぎ・頑張りすぎて、彼女のために、金も時間も気力も使い果たす。

初めての彼女に対して、自分と付き合ってよかったと思ってもらいたい、もっと自分のことを好きになってもらいたいという思いから、頑張り過ぎたり、見栄をはりすぎてしまう男性もいます。

四六時中彼女のことばかり考え、デートの約束をすれば場所の選定から下見、服装など全身全霊をかけて取り組むため、時間やお金はもちろん、気力も使い果たしてしまうこともあるようです。

彼女からの連絡がきてないか、常にスマホが気になって仕方ない。

彼女からの連絡が気になって仕方がなくなり、常にスマホをチェックするなど、スマホを手放せなくなる人も多いです。

彼女からの連絡には即レスしたいという思いが強く出てしまうのも、初めての彼女あるあると言えます。

彼女持ちの先輩・友達に質問しまくる。雑誌やハウツー本を読みまくる。

初めての彼女ができると、何か情報が欲しいとハウツー本や雑誌を読み漁ったり、ちょっとでも気になることがあったら彼女持ちの友達や先輩に質問しまくる人もいます。

彼女の心理を知りたいという思いから、少しでも多くの情報をゲットしよう!という心理が働くようですが、自分の不安な気持ちを何かで解消したいという思いが強く現れていると言えます。

【男性向け】初めての彼女が出来た時にやりがちなNG行動

初めての彼女ができると、嬉しい気持ちと戸惑う気持ちの両方が、毎日行ったり来たりしてしまう人も多いと思います。

彼女のことを大好きな気持ちと、嬉しい気持ちから彼女の気持ちを汲み取ることができなくなったり、戸惑う気持ちから彼女が寂しい思いをしてしまうこともあるかもしれません。

ここからは、彼女のためにしている行動や思う気持ちが空回りして、彼女にとってNG行動とならないために、注意点を解説していきたいと思います。

付き合えたことで安心してしまう

大好きになった人が初めて自分の彼女になったことで、完全に安心しきってしまう人がいます。

付き合えたことで安心するのは悪いことではありませんが、付き合えたからもう彼女は自分のものと思って、自己中心的になったり、身なりを気にしなくるなど、彼女に対する思いやりや気づかいが一切なくなってしまうのは考えものです。

彼女はずっと一緒にいるとは限りませんので、せっかくできた初めての彼女のことを尊重しながら大切に関係を築いていくようにしましょう。

男性からLINEや電話をしない

もともと、電話やLINEなどのやり取りが苦手な男性は多いと思いますが、それでも彼女と付き合いたいという思いから、自分からマメに電話やLINEをしていた人も多いですよね。

しかし、彼女になった途端に、もともとの面倒臭がりが出て、自分から連絡することがほぼなくなり、彼女から連絡が来たら返答するという人がいますが、それはNGです。

彼女は、自分からも連絡したいですが、彼からの連絡が来ることを待っているものなので、お付き合いが始まったら、付き合う前以上に意識して自分からも電話やLINEをするようにしましょう。

彼女にちゃんと気持ちを伝えない

初めての彼女となるまでは、好きな女性に対して愛情表現をしたり、告白時に「好き」と言葉で気持ちを伝えたと思います。

彼女になった途端、恥ずかしさから彼女への気持ちをきちんと伝えようとしない男性がとても多いです。

男性側は、一度好きと伝えたんだから、もう自分の気持ちは100%伝わっていると思っているかもしれませんが、女性側は自分に対する思いを絶えず確認したいですし、言葉や態度で気持ちを伝え続けて欲しいと思っています。

照れ隠しからわざと冷たくしてしまうような行動は、女性を傷つけてしまうのでやめましょう。

付き合う前と同じように女友達と接してしまう

初めての彼女ができるということは、特別な人ができたということになるので、これまで通り異性の友達(女友達)と変わらずに遊びに行くような行動は、控えた方が良いかもしれません。

女友達とは、本当にただの友達だったとしても、彼女にすれば、不安な気持ちになったり、嫌な思いをする原因となってしまうので、できればしっかり線引きすることも考えるようにしましょう。

重すぎるプレゼントを贈ってしまう

初めての彼女ができると、プレゼントを贈りたいという気持ちになることも多いですよね。

どんな意味合いのプレゼントだったとしても、自分たちの年齢はもちろん、身の丈に合っていないような高価なプレゼントは、彼女は嬉しいという気持ち以上に、重すぎて負担になってしまうことがあるので注意しましょう。

プレゼントのお返しを彼女が楽しみながら自分のことを思って選べるようなプレゼントを選ぶのがポイントです!

ただし、誕生日やクリスマス、二人の記念日などは、少し頑張った!ということが伝わるようなものを選んでプレゼントすると喜んでもらえるので、しっかり選んでプレゼントするようにしましょう。

【女性向け】初めての彼女になった女性の心構え

告白されてお付き合いをしようと決めたのはいいけれど、彼にとって初めての彼女だったことを知って少し気が重くなってしまったという人や、初めての彼女になったことを戸惑いながらも嬉しく感じる人など、「初めての彼女」になる心境は様々だと思います。

ここからは、自分にとっては初めての彼ではないけれど、彼にとって初めての彼女になった女性の心構えについていくつかポイントを紹介していきます。

初めての彼女への願望に応えてあげる

これまで誰ともお付き合いした経験のない彼にとって、初めての彼女ができるということは、それだけで「彼女にこういうことをしてあげたい。」「彼女とこういうところに行ってみたい。」など、彼なりの彼女に対する願望があるものです。
できれば、その願望を1つでも多く叶えてあげてみましょう。

彼の初めての彼女への願望に答えてあげるときには、彼女としてのプラスアルファを加えるのがポイントです。

彼の提案(デートなど)に、喜びながら自分の希望や願望も伝えて叶えてもらっちゃいましょう。そうすることで、お互いに最高の思い出になることは間違いありません!

彼氏をほめて自信をつけさせる

初めての彼女ができたことは嬉しいものの、彼女にとって自分は初めての彼氏ではなかったことを知ると、急に自信をなくす人も少なくありません。

彼氏をほめて自信をつけさせることを意識して接してみましょう。

具体的には、ちょっと面倒と思うかもしれませんが、彼が自分のためにしてくれて嬉しかったことは、少し大げさに喜んだり、感謝してみせるようにすると、自分が彼女に対する行動や言動に対して自信を持つようになります。

この時も、どういうことをしてくれたら嬉しいのかを理解してもらえるように自分仕様に誘導するのがポイントです。

元カレの話はしない

初めての彼女となったら、元カレの話はしないことです。
彼氏が聞きたそうにしていたとしても、話をするのはやめましょう。

彼氏・彼女がいた期間の差を埋めたくても埋められないという彼のモヤモヤした気持ちや、元カレに対するヤキモチなど、面倒なことになるので、刺激になるようなことは話さないのが得策です。

さりげなくリードしてあげる

初めての彼女となると、彼の自信のなさや、不安な気持ちなど、事あるごとに物足りなさを感じることもあるかもしれません。

デートをしても何となくギクシャクしているなと感じることもあるでしょうし、特に、手をつないだり、キスをしたり・・・。カップルなら当たり前のスキンシップもつい奥手になりがちです。

そんな時は、さりげなく手が触れやすいようにしてあげる、こちらから腕を組んでみるなどリードしてあげるようにするとスムーズです。ただし、肉食系と思われない程度に留めておくのがポイントです。

初めての彼女カップルが長続きするための、たった3つのポイント

初めて彼女ができたという初々しいカップルが、いつまでも仲良く長続きさせるためには、これから紹介する3つのポイントをおさえて行動することが大切です。

3つのポイントは、決して難しいことではなく簡単なことなので、お付き合いを続ける中で意識して行動するようにしましょう。

お互いを尊重して大切にしよう

お付き合いすることになると、自分の気持ちばっかりで相手の気持ちを考えることができなくなってしまうことがあります。

特に、初めての彼女ができた彼は、相手の気持ちを考える余裕がなかったり、逆に相手の気持ちを考えすぎて行動できなくなる人もいます。

お付き合いを始めたからといって、すべてを二人で共有する必要はありませんし、束縛することが愛情の現れと勘違いすることがないように、程よい距離感を持ってお互いのことを大切にしていくようにしましょう。

気持ちを言葉と態度で伝え続けよう

好きな気持はもちろん、大切に思っている気持ちは、お付き合いを始める前の告白した時だけではなく、お付き合いが始まってからもお互いに伝え合うことが大切です。

「きっとこう思っているだろう。」「自分と同じ気持ちでいてくれているに違いない。」など自分本位で考えてしまいがちなのが恋愛なので、気持ちを言葉や態度に出し、伝え続けることはとても大切です。

記念日を忘れずにお祝いしよう

二人にとっての記念日は、大切にして忘れずにお祝いするようにしましょう。

記念日と言えば、

  • お付き合いを始めた日
  • お互いの誕生日

などがありますが、最低でもこの2つを基本とし、二人の記念日を一緒に考えてお祝いすることを約束するのがおすすめです!

【まとめ】初めての彼女はたったひとりの特別な存在

初めての彼女は、最初で最後のたったひとり特別な存在です。その彼女と長く続くことはもちろんですが、異性とのお付き合いのノウハウをしっかり学ぶ意味でも、真剣にそして楽しみながらお付き合いをしていくようにしましょう。

大好きな女性が、自分の初めての彼女となったことは、長い人生を振り返った時に特別な存在で素敵な思い出として思い出すことができるようなお付き合いをしてくださいね。