いつ恋愛感情が生まれた?人を好きになるきっかけランキング【男女500人アンケート調査】

いつ恋愛感情が生まれた?人を好きになるきっかけランキング【男女500人アンケート調査】 恋活

あなたはどんなときに恋愛感情が生まれたり人を好きになったりしますか?

「困っている時に助けてもらってときめいた」「ギャップにドキドキして好きになった」など、いろんなパターンがありますよね。

今回は全国の男女500人にアンケートを実施。

「人を好きになるきっかけ」について聞きました。

【調査概要】

調査対象 全国の男女
調査日 2021年12月16日~23日
調査方法 インターネットによる任意回答
調査人数 調査人数:500人(女性317人/男性183人)
調査対象者の年代 10代 2.2%/20代 21.2%/30代 32.0%/40代 27.4%/50代~17.2%

意識していなかった人を好きになったことがある人は8割

「意識していなかった人を途中から好きになったことがありますか」と聞いたところ、回答は以下のようになりました。

意識していなかった人を好きになったことがある

 

約8割の人が「ある」と答えています。

最初はただの友人や同僚で、意識していなかった人のことを好きになるケースも多いとわかります。

「まさか好きになるなんて」など、好きになったのが意外な相手であるほどドキドキしそうです。

「意中の相手に恋愛対象として見られていない」と悩んでいる人も、希望が持てますね。

好きになるきっかけ|女性の回答数1位は「優しさを感じた」

女性317人に「どんなきっかけで人を好きになりますか?」と聞いたところ、回答は以下のようになりました。

女性・好きになるきっかけ

 

ダントツの1位は「優しさを感じた」です。

困っているときや疲れているときに優しくされたり親切にされたりして、恋愛感情が芽生える人が多数。

2位以下は「ギャップを見た」「共通点がある」と続きます。

外見や第一印象で好きになる人は少なく、相手の内面や行動をきっかけに好きになる人が多いとわかります。

8位以下には「ほめられた」「仕事ぶりを見て」などが入りました。

では具体的な回答を紹介します。

1位 優しさを感じた

バックや荷物を持ってくれたとき(20代 女性)
自分より弱い人を助けていたとき(30代 女性)
困っている時にさりげなく助けてくれたり、優しく気遣ってくれたりしたとき(30代 女性)

1位は「優しさを感じた」でした。

ミスしたときや困っているときにフォローしてくれると、「優しいな」「頼りがいがあってステキだな」と思いますよね。

「ちょっとした親切」「苦手なことを劣等感を感じさせずに代わりにやってくれた」など、さりげなさを強調した人も目立ちます。

親切をアピールされるよりも、自然にさりげなく助けてくれる方がポイントが高いようです。

また、自分以外の誰かに親切にしているところを見かけて恋愛感情を抱くようになった人も複数いました。

2位 ギャップを見た

普段と違う一面が垣間見えたときに好きになりがちです(20代 女性)
普段明るい人が、急に真面目なところを見せるとグッとくる(30代 女性)
普段しっかりしている人が、油断してだらけている姿を見たとき(30代 女性)

2位は「ギャップを見た」です。

「普段は無愛想なのに、実は親切」「普段はお調子者なのに、実は真面目」などですね。

意外な一面を見るとドキッとする女性が多いようです。

「強面だけど、笑うと可愛い」「普段メガネをかけていない人が、メガネをかけたとき」など、外見や服装についての意見もありました。

3位 共通点がある

共通点があって意気投合すると意識しはじめる(20代 女性)
何気ない会話の中で、ポジティブな共通点が見つかったとき(20代 女性)
共通の話題で盛り上がったとき(30代 女性)

「共通点がある」が3位にランクイン。

人は自分と似ている人に親近感をもちます。

共通点は、趣味や好きなものでもいいですし、出身地・星座・血液型など些細なことでも構いません。

何かしらの共通点があると、話が盛り上がりやすくなります。

話していて楽しいというポジティブな感情から、恋愛感情に発展するのですね。

4位 相手からの好意を感じた

周りの噂話や態度で「自分のことを好きなんだ」と気づいたとき(20代 女性)
告白されると気になりだして、好きになることが多いです(30代 女性)
こちらに気を持たせるようなそぶりがあったとき(40代 女性)

4位に入ったのは「相手からの好意を感じた」です。

相手からの好意を感じると好きになる理由は、「好意には好意で返したくなる」という心理が働くから。

また「認めてくれる人を大切にしたい」という心理もあります。

なかには、告白を断ったあとで相手を好きになってしまう人もいるようです。

5位 頼りがいがある

リードしてもらったとき(20代 女性)
頼りになる面を見せられると、「ついていきたい」と思って好きになる(20代 女性)
頼もしい姿や力強さを感じると意識してしまう(30代 女性)

5位にランクインしたのは「頼りがいがある」でした。

具体的に挙げられたのは、包容力・力強さ・リーダーシップなど。

「疲れたときに甘えさせてくれる」「いざというときに守ってくれる」という人は魅力的ですよね。

「学生時代は強気なところが嫌だったけれど、大人になって再会したら強気なところに頼りがいを感じて好きになった」というエピソードもありました。

6位 話しやすい

相談したときに、共感を示してくれたらドキっとします(20代 女性)
私の趣味の話を否定せずに聞いてくれていると、好きになります(20代 女性)
いつも気にかけてくれて、話しやすい存在になっていたとき(30代 女性)

「話しやすい」が6位です。

「話を聞いてくれる」「悩みに共感してくれる」など、聞き上手な人に惹かれる女性が多いとわかりました。

聞き上手な人と楽しい話をしているときには、話が弾んでポジティブな気持ちになりますよね。

また悩みを相談するときには、話を遮らずに聞いてもらえることで安心感や包容力を感じます。

どちらにしても、聞き上手な人には、よい感情や恋愛感情を抱きやすいようです。

7位 笑顔がステキ

不意にニコッとされると好きになりがち(20代 女性)
話しているときに照れたように笑われると、「純粋な人だ」と思い意識してしまいます(30代 女性)

「笑顔がステキ」が同率7位となりました。

笑顔に、優しさ・可愛らしさ・ギャップなどを感じて、ドキッとしてしまう女性は多いです。

笑顔には「相手にポジティブな印象を与える効果」「相手に好意を伝える効果」があります。

恥ずかしくて意中の女性に声をかけられない人は、まず笑顔から実践してみてはいかがでしょうか。

同率7位 特別扱いされた

異性から「特別にサポートされてる」と感じた瞬間、好きになってしまいます(20代 女性)
自分だけに優しかったり、よくちょっかいをかけられたりするとき(20代 女性)

同率7位は「特別扱いされた」でした。

特別扱いされると「私のこと、好きなのかも?」と思うので、「相手からの好意を感じた」と似ているところもありますね。

とくに下心を感じない特別扱いだと、嬉しくて相手のことを意識するようになります。

「バイト終わり、私にだけこっそり飲み物を渡してくれたときはキュンとしました」というエピソードも寄せられています。

好きになるきっかけ|男性の回答数1位は「優しさを感じた」

続いて男性183人に「どんなきっかけで人を好きになりますか?」と聞いたところ、回答は以下のようになりました。

男性・好きになるきっかけ

 

1位は女性と同じく「優しさを感じた」です。

男女ともに「相手の優しさ」がきっかけで好きになることが多いとわかります。

3位までの順位は、男女共通でした。

なお男性のランキングでは「外見が好み・第一印象がいい」「ふとした表情・しぐさ」が上位に入っているのが特徴的です。

8位以下には「頼られた」「真面目な一面を見た」「スキンシップがあった」などが入っています。

では具体的な回答を紹介します。

1位 優しさを感じた

自分が大変な時に手伝ってもらえると「優しい人」と思って好きになります(20代 男性)
辛いことを察して励ましてくれたとき(30代 男性)
他人に優しくしているところを見ると好きになる(30代 男性)

男性の1位も「優しさを感じた」でした。

「誰にでも優しい」「困っていることに気づいてくれる」「気遣いができる」などの回答が寄せられています。

「安心する」「ずっと一緒にいられる」などと感じて好きになるのですね。

職場や学校に意中の男性がいる人は、さりげない優しさや気配りを発揮してみてはいかがでしょうか。

2位 ギャップを見た

普段あまり笑顔を見せない人が笑顔を見せたとき(20代 男性)
普段は普通の服装なのに、イベントでお洒落をしてきたときにドキッとして好きになりがち(20代 男性)
いつも有能なのに自分の前だとポンコツだったりするとギャップ萌え(30代 男性)

2位は「ギャップを見た」です。

具体的には「仕事とプライベートのギャップ」「クールな人の笑顔」「いつもと違う服装」などが挙げられました。

相手のギャップを知ると、「自分だけに見せてくれている一面だ」などと、特別感を感じる男性も多いようです。

仕事とプライベートであまり差がない人は、普段とは違う髪型や服装でギャップを演出してみるのもいいですね。

3位 共通点がある

話してみて自分と趣味が合ったときになどに好きになりがち(20代 男性)
一緒に時間を過ごすうちに、「話が楽しい」「共通点が多い」と思う人を好きになる(20代 男性)
共通の趣味があると好きになることが多いです(30代 男性)

「共通点がある」が3位にランクイン。

共通の趣味などがあると、初対面でも会話が盛り上がりやすく、一緒に楽しい時間を過ごせます。

「もっと話したいな」「また会って話したいな」という思いから、恋愛感情に発展していくのでしょう。

また、共通の趣味とまではいかなくても、「一緒にいろんなことを楽しんでくれると好きになる」になるという意見もありました。

4位 外見が好み・第一印象がいい

第一印象(20代 男性)
顔や体格など、見た目の好み(30代 男性)
相手の見た目からその人を好きになることが多いです(40代 男性)

4位に入ったのは「外見が好み・第一印象がいい」です。

女性では14位でしたが、男性では4位になりました。

「外見や第一印象で好きになる」と言われると、顔やスタイルに自信がない人は落ち込んでしまうでしょう。

しかし、外見の好みは人それぞれで、誰もがモデルやアイドルのようなビジュアルが好きなわけではありません。

また第一印象には、笑顔・話し方・声・しぐさ・服装・清潔感なども含まれ、「全体的な雰囲気が何となく好み」というケースも多いです。

とくに清潔感や服装・笑顔などはいくらでも改善できるので、「いいな」「ステキだな」と思ってもらいたい相手がいる方は、気をつけてみましょう。

5位 相手からの好意を感じた

自分に興味を持ってくれるのは大前提(20代 男性)
自分のことをどれだけ思ってくれているかわかったときに、本当に好きになる(30代 男性)

同率5位にランクインしたのは「相手からの好意を感じた」でした。

相手が自分を恋愛対象として見ていることを知り、相手のことが気になり始める男性は多いです。

告白が真剣なら「そんなに思っていてくれたんだ」と熱意に感動して、好きになる可能性も高まります。

同率5位 笑顔がステキ

面白いことがあると周りの目を気にせず大きな声で笑ってしまう面を見ると、好きになります(20代 男性)
屈託のない笑顔を見た瞬間(30代 男性)

「笑顔がステキ」も同率5位となりました。

「普段とのギャップを感じる笑顔」と答えた人も複数います。

普段は仕事をバリバリしていて隙のない人が屈託なく笑っていると、ギャップも感じてドキッとしてしまうようですね。

また笑顔を向けられると「俺のことが好きなのかな」と感じる男性も。

好意を持たれていると感じ、相手のことが気になって好きになるパターンもありそうです。

同率5位 ふとした表情・しぐさ

ふっとした時の表情が可愛く見えたとき(30代 男性)
ちょっとした仕草(40代 男性)

同率5位の3つ目は、「ふとした表情・しぐさ」でした。

具体的には「髪をかきあげる」「上目遣い」などが挙げられています。

笑顔・真剣な表情・驚いた顔など、よく表情が変わる人も可愛いと思われやすいです。

ただしやりすぎると「あざとい」「何してるの?」と思われてしまうので注意しましょう。

好きになる関係性パターンの1位は「友人から」

続いて「どのような関係から好きになることが多いですか?」と聞いたところ、回答は以下のようになりました。

上位5位までをランキング形式で紹介します。

どのような関係から好きになることが多い?

 

1位は「友人から」でした。

友達として接しているうちに好きになる人が多いとわかります。

2位以下は「上司・同僚から」「一目惚れ・第一印象で」と続きます。

全体的には、会ってすぐに好きになるよりも、近くで過ごすうちに好きになる人が多いようですね。

「マッチングアプリ」や「友人の紹介」など、最初から恋愛や結婚を目的に会った相手と恋が芽生えたという人もいました。

では具体的な回答を紹介します。

1位 友人から

友達として一緒に過ごしていく中で、だんだんと好きになります(20代 男性)
長い間友人だった人を好きになることが多いです(30代 女性)
どちらかといえば人見知りなので、友達からが多いです(30代 男性)

1位は「友人から」でした。

友人としてグループで遊びに行ったりしているうちに、相手のことをよく知るようになって好きになるというパターンですね。

友達としてしか見ていなかったのに、「頼りがいがある」「すごく優しい」など意外な一面を見ると、急に恋心へと変化することもあります。

また悩みを相談できる安心感や信頼感から、徐々に恋愛感情に発展するという人もいました。

2位 上司・同僚から

「仕事バリバリだけどおもしろくて上司感がないような上司」を好きになることが多い(20代 女性)
顔をあわせる機会が多い異性の同僚(30代 男性)
一緒に過ごす時間が長く、トラブル対応などで性格がよく見えるので、仕事関係の人が多い(30代 女性)

2位は「上司・同僚から」です。

職場の上司や同僚は一緒に過ごす時間が長いので、好きになるきっかけが多いと言えるでしょう。

好きになるきっかけとしては、「真面目な仕事ぶりを見た」「ミスをフォローしてくれた」「一緒に仕事に取り組んだ」などですね。

仕事関係では、「取引先の人を好きになる」という人も12人(2.4%)いました。

3位 一目惚れ・第一印象で

友達から恋愛感情になったことは一度もなくて、初対面の人から好きになることが多いです(20代 女性)
初対面が多い。外見がタイプだったり、話した時のフィーリングがよかったりするとすぐに好きになります(20代 男性)
第一印象で「この人好きになるな」って感じることが多いです(30代 女性)

「一目惚れ・第一印象で」が3位にランクイン。

外見だけで好きになる人もいましたが、初対面での雰囲気・話し方・服装などで好きになる人も。

「一目惚れから始まる恋は、熱しやすく冷めやすい」とも言われますが、一目惚れした相手と結婚したという体験談もありました。

4位 同級生・学校の先輩後輩から

学校の同級生を好きになることが多い(20代 男性)
同級生で、あまり会話したことないようなところからが多いです(20代 女性)
学校の同級生や同じ部活の人(30代 男性)

4位に入ったのは「同級生・学校の先輩後輩から」です。

学校では多くの時間をクラスメイトや部活仲間と一緒に過ごします。

毎日顔を合わせて相手のことを知っていくうちに、好きになるのですね。

「隣の席になって、教科書を借りたことがきっかけで好きになった」など、ドラマのようなエピソードも寄せられています。

5位 趣味の仲間から

ゲームを定期的にする仲間とかは、一緒にゲームをしていて好きになっていくことが多いです(30代 女性)
趣味の集まりで出会った人(40代 男性)

5位にランクインしたのは「趣味の仲間から」でした。

共通の趣味をもっている間柄だと、話が弾みやすく親近感をもちやすいですね。

楽しく話しているうちに好きになっている様子が想像できます。

趣味仲間に出会う場所としては「社会人サークル」や「オフ会」が挙げられました。

まとめ

男女500人を対象にアンケートを実施したところ、恋愛感情が生まれて人を好きになるきっかけは、男女とも1位が「優しさを感じた」でした。

2位「ギャップを見た」、3位「共通点がある」も男女共通です。

男女とも、相手の外見よりも内面や行動がきっかけで好きになる人が多いとわかりました。

好きになるパターンとしては「友人から」が最も多くなっています。

「意中の相手から恋愛対象として見られていない」と感じている人は、さりげない気配りを発揮したりギャップを演出したりしてみてはいかがでしょうか。

恋のチャンスを掴めるかもしれません。

過去の人気投稿はこちら ラブマ・インスタグラム

恋愛で失敗したくない人必見!

『心理学』と『体験談』をもとに、
毎日恋愛ノウハウを発信中!

  • 今すぐ実践できる「モテるための裏ワザ」
  • 気になる異性を確実にオトす方法
  • 人に聞けない『H』のリアルやテクニックも♥
恋活
LoveMA!(ラブマ!)〜マッチングアプリ・婚活・恋活・出会い〜