Dine 【2020最新】Dineはサクラが少ないアプリって本当?口コミを調査して分かった特徴や注意点を徹底解説 | LoveMA!(ラブマ!)

【2020最新】Dineはサクラが少ないアプリって本当?口コミを調査して分かった特徴や注意点を徹底解説 | LoveMA!(ラブマ!)

2020.07.16更新

最近人気のマッチングアプリですが、初心者にとって安全面はまだまだ不安ですよね。

今回紹介するDineはサクラがいないと評判ですが、

「本当にサクラがいないマッチングアプリなんてあるの?」と気になる方もいると思います。

そこで、この記事では

  • Dineにサクラ・業者がいるのか
  • Dineのサクラ・業者の特徴
  • Dineでサクラ・業者に出会わないための注意点

について、詳しく解説しています。

また、Dineに関する口コミや、Dine以外でサクラが少ないマッチングアプリも紹介しているので、Dineの利用を検討している方・サクラのいないマッチングアプリを使いたい方は必見です!

【結論】Dineにサクラはいないが、業者に注意!

Dineは、マッチングから出会いまでを最短で実現できるマッチングアプリとして人気があります。

どのマッチングアプリと比べても、実際に出会えると評判が良い一方で、

「すぐに会えるのはいいけれど、その分サクラや業者に出会いやすいのでは?」

と不安に感じ、Dineの利用を躊躇している人もいるのではないでしょうか。

Dineにはサクラはいませんが、業者に遭遇してしまう可能性はあります。

なぜ、

  • Dineにはサクラがいないと言えるのか
  • サクラはいないけど業者はいるかもしれないと言うのか

その理由についてまずは解説していきます。

Dineにサクラがいない理由

「Dineになぜサクラがいないと言えるのか。」まずは、Dineにサクラがいない理由について解説しますね。

Dineの有料会員はメッセージし放題なのでメリットがない

サクラは、アプリ内で課金してもらうことを目的に運営会社が雇い入れるものですが、Dineではサクラに報酬を支払ってまで雇い入れるメリットがありません。

Dineでは、有料会員になるとメッセージがし放題になるなど、会員は普通にアプリを利用するうえで、必要以上に課金する必要がありません。

そのため、課金を促すような働きかけをする必要がなく、なおかつ利用者が多いので会員の水増しをする必要もないことから、運営会社がサクラをや取り入れるメリットがないのです。

マッチング=デートの約束なのでサクラで騙すには限界がある

Dineで展開されている出会いの基本は、気になる相手を見つけたら、その人と行きたいお店を提案することから始まります。

相手がいいなと思ったら、日時の調整をしてデートするというスタイルなので、従来のサクラの機能を果たすことができないのもサクラがいない理由になっています。

サクラと業者の違いは?

Dineにサクラがいないことは、サクラを使う理由や性質上難しいことが理由ということがわかりましたが、業者は残念ながら完全に排除することができません。

サクラと業者の違いを知らない人にとっては、なぜなんだろうと思うかもしれません。

そこで、サクラと業者の違いを簡単に解説しますね。

サクラ 業者
Dine(マッチングアプリ)との関係は? Dine(マッチングアプリ)の運営会社が雇っている Dine(マッチングアプリ)とは無関係の会社や人が行っている
目的は?
  • アプリ内で課金を促す
  • 会員数の水増し
    など
  • LINE IDなどの個人情報を抜き取り個人情報の売買で利益を得るため
  • マルチ商法などの勧誘
  • 宗教への勧誘
  • 商品の斡旋
    など

上記の表からわかるように、サクラはマッチングアプリの運営会社が意図的に会員数が多いアプリであることをアピールしたり、利益を増やすために行うものです。

Dineは人気のあるマッチングアプリなので運営会社がわざわざサクラを雇い入れる理由がないことがわかりますね。

知っていれば見分けられる!Dineにいるサクラ・業者の特徴

Dineにはサクラはいないものの、業者は紛れ込んでいる可能性があることがわかったところで、Dineにいるサクラ・業者の特徴を紹介します。

Dineに限らず業者の存在は、どのマッチングアプリにもある一定数はいるものなので、業者の特徴さえある程度理解していれば、本当の会員なのか業者なのかを見分けることができるようになります。

マッチングアプリを利用する上で知っておきたい知識としてまずは見ていきましょう。

①まずはDineのプロフィール写真に注目!

まずは、Dineのプロフィール写真からも、業者かどうかをある程度は見分けることができます。どんな部分に注目して見ればいいのかを紹介しますね。

プロフィール写真がモデル並みに可愛い・かっこいい

プロフィール写真がモデル並みにカッコよかったり、可愛い場合は、マイナーな芸能人やモデルなどの写真をSNSなどから無断転載していることも少なくありませんので要注意です。

こんな人がマッチングアプリなんか利用していないだろうと思ったら、プロフィール写真を画像検索してみましょう。

同じ写真が検索結果で現れたら、間違いなく業者なので関わらないことと、運営会社へ通報するようにしましょう。

高収入アピールの写真投稿が多い

業者がプロフィール写真として投稿することが多いのは、

  • 高級車に乗っている写真
  • 高級ホテルで過ごしている写真
  • 高級なレストランやバーでのひととき

など、裕福で優雅な日々を過ごしていることや、高収入であることをアピールしている人は、業者の可能性が高いです。

「自分のように優雅な毎日を手に入れてみないか。」と、マルチ商法などの勧誘が行われることが多いので、業者だとわかった時点で通報や相談をしましょう。

プロフィール写真を一枚しか登録していない

業者に多いのが、プロフィール写真を1枚しか登録しないことです。

1枚にこだわっているというのではなく、プロフィール写真として閲覧した人が魅力的に感じる人をネット上から見つけて拾ってくるケースが多いので、同じ人の写真をただ単に用意できないというのが理由です。

顔写真は1枚のみで、あとは趣味に関することなどをプロフィール写真で使用している人も要注意です。

肌を大胆に露出した写真を登録している

男性ユーザーをターゲットとしている業者では、男性がつい連絡してみたくなるような露出の多い女性の写真をあえて使っていることも少なくありません。

マッチングアプリによっては、肌を大胆に露出した写真の利用を禁止しているところもありますが、Dineではそれほど厳しく規制していないので、魅力的に見える露出した写真を登録している人は業者かもしれませんので注意しましょう。

②Dineのプロフィール内容をチェック

プロフィール写真をチェックしたら、次にプロフィールの内容をチェックしてみましょう。

これから紹介するようなプロフィールの人は業者かもしれませんので、細心の注意を払って行動することが大切です。

プロフィール内容が薄い・平均的

プロフィールの内容が極端に少なくて薄い場合や、平均的だろうと感じさせるものは、少し注意が必要です。

業者は、出会いを求めている一般の人と比べると、プロフィール作成などアプリの利用に手間暇をかけることはありません。

その一方で、一般ユーザーは、少しでも良い出会いを多くするためにプロフィールにもこだわって作る人が多いです。

マッチングアプリの利用に慣れてくると、プロフィールの内容を見れば怪しいかどうかがわかるくらい、その違いを実感できるようになりますので、プロフィールの内容はしっかり見る習慣をつけるようにしましょう。

自己紹介文の口調がなれなれしい

プロフィールの自己紹介文の口調が、妙になれなれしくて、アプリ慣れしていると思うような人は業者かもしれません。

フレンドリーな口調を意識して自己紹介文を書く人もいますが、それとは違う雰囲気を感じることができ、あまりにも軽い印象を受ける場合は注意が必要です。

③メッセージ内容も怪しくないかチェック

マッチングまでは、業者かどうかの区別がつかずにマッチングして初めて業者だったことを知る人も少なくありません。

マッチング後のデートで業者と気づく前に、メッセージの内容から怪しいかどうかをチェックする習慣を身につけましょう。

どういう部分をチェックすればいいのかを解説しますね。

メッセージで長文の自己紹介をしてくる

マッチング後のメッセージで自己紹介をするのは普通ですが、その自己紹介の内容が長文でなおかつテンプレートに当てはめたようなものに感じる場合は注意が必要です。

マッチングできたから気合を入れて長文の自己紹介を書いてきたんだなと思うかもしれませんが、長文は読みすすめるうちに違和感を感じ「業者かもしれない。」と思うことも少なくありません。

もしも、長文の自己紹介文が届いたら、最後まで読み判断しながら、数回メッセージのやり取りをして様子をみるようにしましょう。

メッセージでデート費用を要求してくる

メッセージのやり取りをしていく中で、実際のデートをする場合に、「お金がないから食事をおごって欲しい。」など、デート費用を要求してくることがごく稀にあります。

また、デートは普通に楽しく過ごすことができたものの、デート後にデートにかかった費用を要求してくる人もごく稀にあります。

このような場合は、業者だったと思って自分でやり取りをするのではなく、即通報して、運営会社に相談するようにしましょう。

すぐにメールアドレス・LINEのIDなどの個人情報を聞いてくる

業者の手口として一番ポピュラなものと言えば、マッチング後のメッセージが始まった途端に、メールアドレスやLINEのIDなどの個人情報を聞いてくることです。

個人情報を聞きたがる人は、個人情報の売買を目的としていることが多く、もっともな理由をつけて別サイトへ誘導したり、LINEのIDを聞いてくるので注意が必要です。

メールアドレスやLINEのIDなどは、どんなに最もな理由を並べられたとしても、実際に会って信頼できると思うまでは伝えないようにしましょう。

Dineでサクラや業者に出会わないための対策・注意点

Dineを利用している中で、サクラや業者に出会わないための対策や注意点について紹介します。

これから紹介する対策や注意点は、決して難しいことではないので、Dineの利用を開始するとともに、意識して行い習慣にするようにしましょう。

サクラや業者に出会わない対策や注意点を把握して利用することで、サクラや業者に出会う可能性はかなり少なくなりますので、ぜひ意識してみてくださいね。

1回デートするまではDineアプリ内で連絡を取る

マッチング成立後の連絡先の交換は、まずは一度デートをして、良い人かどうかを確かめてから行うのが基本です。

それまでは、Dineのアプリ内で連絡を取るようにしましょう。

相手もサクラや業者ではなく、純粋に出会いを求めている人なら「慎重に自分のことを見ている。」とわかっているので、なかなか連絡先の交換をしないことを不満に思うことはないので遠慮する必要はありません。

メールかLINEを強要するユーザーには注意

マッチング後すぐや、デートした直後にメールやLINEなど直接の連絡先が知りたいと強要してくる相手には注意しましょう。

普通に出会い、お互いの連絡先を交換するという行為は、どちらかが強要するものではありません。

それはマッチングアプリの出会いでも同じなので、強要されたからと連絡先を教えるのは危険です。

相手のプロフィール写真をGoogleで検索してみる

相手のプロフィールは、とびきりのイケメンや美女じゃなくても、Googleで検索してみるようにしましょう。

  • モデル並の容姿のプロフィールではなかったけど業者やサクラで嫌な思いをさせられた
  • ヤリモクなどの迷惑ユーザーだった

という人のプロフィール写真は、インターネット上で「注意して!」と掲載されているケースもあるので、参考程度に検索する習慣を持ちましょう。

Googleでの検索方法がわからないという人のために画像の検索方法をお伝えしますね。

  1. 検索したい画像を保存する
  2. Googleの検索画面の右上にある「画像」という部分を選ぶ
  3. カメラのマークを選び、画像のアップロードを選択する
  4. ファイルを選択し、保存した相手のプロフィール写真を選び検索を押す

インターネット上に同じ写真がある場合、検索すると同じ写真が表示されるので、業者かどうかがすぐにわかります。

簡単な操作で調べることができるので、試してみてくださいね。

怪しい勧誘っぽいメッセージやリンクが来たら通報

マッチングできて喜んでいたのも束の間、

  • メッセージの内容が怪しい勧誘だった
  • よくわからないURLをつけてきた
  • LINE IDが記載されていた

などと言ったことがある場合もあります。

このようなメッセージや外部へアクセスすることを誘導するようなリンクが来たら間違いなく業者なので即通報するようにしましょう。

要チェック!Dineのサクラ・業者についての口コミ

Dineを利用している人が、実際にサクラや業者と出会ってしまったという口コミをいくつか紹介します。

サクラや業者に実際に遭ってしまった口コミは、これから自分がサクラや業者を回避する上でも重要な情報となるので、しっかりチェックしておきましょう。

https://twitter.com/Hxv4eI85fDJtHlh/status/1223985689181573120?s=20

高級なレストランの紹介や、マッチング後すぐにブロックなど、運営側が雇い入れているサクラのように思わせながら、業者だったというケースの口コミが多いです。

マッチングしてデートの約束をした直後にブロックというのは、Dineでは珍しいことではありません。

Dineの特徴である「メッセージでのコミュニケーションを取らずにすぐに会うこと」に対して、マッチングが成立すると急に不安を感じる女性に多いので、業者やサクラしかいないと諦めずに、もう少し利用を続けてみましょう。

Dineについてのその他の口コミは?【サクラ・業者以外】

Dineを利用している中で出会ってしまったサクラ・業者の口コミ以外にも、Dineを実際に利用して感じたことを口コミとして多くの人が投稿しています。

どんな口コミがあるのを見ていきましょう。

https://twitter.com/mokeko0421/status/1272869929381883905?s=20

Dineでは、ちゃんと出会って食事している人が多いですね。

実際に会う前のメッセージのやり取りがない分、不安に感じる人も多いかもしれませんが、逆にそれがプラスとなって良い出会いを果たしている人が多いことがわかります。

Dine以外でサクラが少ないおすすめマッチングアプリはこれ!

Dineには、サクラの存在はなく業者はチラホラ見られることがわかりました。

どのマッチングアプリも、サクラの存在はなくても、業者を100%除外するのは難しいと言われていますが、数あるマッチングアプリの中でも、特にサクラや業者が少ないと評判のマッチングアプリを紹介しますね。

Pairs(ペアーズ)

ペアーズは、利用者数が多く、知名度も抜群で安心して利用できるマッチングアプリとして人気があります。

会員数が多いことから会員の年齢層が幅広いですが、多くの人が真剣に恋人を見つけたいと利用しているのも特徴のひとつです。
マッチング後は、恋人関係へ発展する人が多く、その流れで結婚する人もいるので本気でお付き合いできる相手を見つけたいという人におすすめです。

ペアーズでは、以下のような安全対策を行っています。

  • マッチング後のメッセージのやり取りには、年齢確認のために身分証明書の提出が必須
  • 24時間365日体制でサクラや業者などの迷惑ユーザーがいないかをチェック
  • メッセージのやり取りの中で違反行為をしていないかの監視

利用者が相手に対して不審に思ったり、不安を感じた場合には、すぐに利用できる通報システムも充実しているので、マッチングアプリ初心者にも安心して利用できると評判も良いです。

ペアーズに存在するサクラや業者の情報をもっと詳しくしりたいという場合は、こちらをご覧ください。

【体験談】100人に聞いたペアーズ(Pairs)のサクラ業者の実態!15個の見分け方も解説します

With

ペアーズともうひとつ、大手上場企業が運営していることから安心感が違うと評判の高い「With」もおすすめです。

Withは、メンタリストDaiGoが監修していることでも話題となり、女性が使いやすいアプリを目指していることもあることから、特に女性の利用者が多いマッチングアプリで、マッチングしやすいと評判も良いです。

Withでは以下のような安全対策を行っています。

  • 24時間365日の監視体制のもと、出会いを求めて利用している人にとって危険人物と思われる人は、徹底排除している
  • メッセージのやり取りには、年齢確認のための身分証明書の提示が義務づけられている

などペアーズと同様、安心して利用することのできるマッチングアプリとして利用することができます。

それでもWithに存在するサクラや業者が気になるという場合は、こちらをご覧ください。

【調査】Withでサクラに出会った?体験談は?アンケートを実施!サクラの見分け方も紹介

Dineにサクラはいる?まとめ

Dineには、

  • サクラの存在はないこと
  • 業者は残念ながら排除しきれないこと

など、具体的にサクラや業者の存在の現状を理解することができました。

さらにサクラや業者と言われる存在は、

  • モデル並の容姿のプロフィール写真の掲載
  • プロフィールが簡素
  • 稼いでいることや高スペックであることをアピールしてくる
  • 直接の連絡先を求めてくる

など、Dineを利用した人たちからの情報で知ることができることから、警戒することは充分可能で、事前にサクラや業者に出会わないようにすることも難しいことではありません。

そのため、Dineに存在する業者を過剰に心配する必要はありません。

サクラや業者の特徴や手口を理解した上で利用すると、未然にサクラや業者を回避することができるので、不安に思うことなくDineでの出会いを楽しみましょう。

SHARE

マッチングアプリの新着記事

ページ先頭へ