ペアーズ

【体験談】100人に聞いたペアーズ(Pairs)のサクラ業者の実態!15個の見分け方も解説します

【体験談】100人に聞いたペアーズ(Pairs)のサクラ業者の実態!15個の見分け方も解説します | LoveMA!(ラブマ!)

「ペアーズはサクラの女性が多いの?」
「マッチングしてすぐラインのID聞かれたけど、それってサクラ?」

と、真剣な出会いを求めるためにマッチングアプリを始める際に、またはマッチングして間もない時に不安を感じるものです。

今回ラブマでは、独自のアンケート調査をベースにして

  • ペアーズのサクラ・業者遭遇率、体験談
  • 業者の見分け方と特徴15選

などといったところから、ペアーズのサクラ・業者事情をとことんまで突き詰めて解明していきます!

また、悪質業者の見分け方も場合分けで説明しているので、今気になるあの人って信用しても大丈夫なのか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ペアーズ(Pairs)ってサクラがいる?

ペアーズは、数多くあるマッチングアプリの中でも、これまでの会員数は、1,000万人を超え、5,600万組というマッチング率を誇っています。

そのため、「マッチングアプリを利用して出会うならペアーズが1番!」と言われるくらい人気があります。

ペアーズを支持している人の多くは、利用者がただ単に多いだけではなく、同じ趣味趣向を持つ人が集まることのできるコミュニティがあることです。

コミュニティに参加して出会うことで、マッチングアプリを利用しているものの、実生活での出会いに近い形の出会いを実現させられるという部分がとても評判が良く人気です。

しかし、ペアーズを利用するのを迷っている人がいて、その迷っている理由がサクラの存在です。

口コミなどを見ていると、「サクラはペアーズにはいない。」というものを多く見かけますが、それは本当なのかどうか、その真偽について解説します!


目的 恋活
基本料金 (男)3,500円〜/月
(女)無料
年齢層 20~30代が多い
会員数 累計1,000万人
運営会社 株式会社エウレカ

 

そもそもサクラはどういう意味?目的は何?

ペアーズにサクラがいるかどうかの解説をする前に、サクラとはどういう意味で、どういうものなのかについて紹介しますね。

まずサクラについて調べてみると以下のような「サクラの定義」があります。

公演主催者や販売店に雇われて客や行列の中に紛れ込み、特定の場面や公演全体を盛り上げたり、商品の売れ行きが良い雰囲気を作り出したりする者を指す隠語。 当て字で偽客とも書く。

引用元:Wikipedia

この「サクラの定義」を知ると、サクラはマッチングアプリだけではなく、私たちの生活の中のどこにでも登場する可能性があることがわかります。

マッチングアプリに登場するサクラの目的は、

  • 会員数を多く見せるため
  • 会員が少しでも多く課金するように誘導

などがあり、マッチングアプリを運営している会社がサクラを雇い、マッチングアプリ内で会員のひとりとして、さも出会いを求めている風に活動させることで会員数や利益をもたらすものです。

マッチングアプリにはなぜサクラがいないのか?

マッチングアプリによって多少の違いはあるものの、基本的にはマッチングアプリにはサクラはいないのが普通と言われています。

なぜマッチングアプリにサクラがいないのか、その理由はマッチングアプリの運営会社がサクラを雇わなくても、利益がきちんと出る仕組みを構築しているからです。

マッチングアプリと似ているものに「出会い系サイト」があります。

こちらは運営形態や利用目的がマッチングアプリと大きく違うため、ポイント課金をさせたり、有料会員へと誘導したりしてきます。

利益を得る必要があることから、サクラが多く存在していると言われています。

ペアーズにはサクラがいないけど、業者はいる!

サクラとはどういうもので、なぜ多くのマッチングアプリにはいないのかがわかった人の多くは、ペアーズを利用しても大丈夫とホッと安心したのではないでしょうか。

ペアーズには、サクラを使う理由がないからサクラはいませんが、ペアーズの運営会社とはまったく関係のない「業者」と言われるものがいる可能性があります。

特に業者は、マッチングアプリの中でも人気があって、会員数の多いところで一般会員に紛れ込むことで、効率的にカモを見つけやすく、釣りやすくなるということから多くいる傾向が強いと言われていますので注意が必要です。

業者の目的と種類

業者は、マッチングアプリの中で一般会員になりすまし、物品の販売や勧誘など業者に利益をもたらすために活動していたり、宗教への勧誘目的で活動しているなど、業者の目的や種類は様々です。

今知られている業者の目的と種類についていくつか紹介していきますので、業者はどこにでもいるものということを意識したうえで、マッチングアプリを利用するようにしましょう。

▼会ってくれる

マッチングアプリにいる業者の中には、サクラとは違い、まるで普通の出会いのように会うことのできる業者がいます。

業者として活動する目的で多いものは以下の3つがあるので解説しますね。

・マルチ商法・ネットワークビジネス

マッチングアプリに掲載されているプロフィールや写真から、経済的にかなり余裕があること(お金持ち)をアピールしている傾向が強い。

 

何度かやり取りしていく中で、自分がどんなビジネスをしていてどのくらい稼いでいるということをオープンにしていたり、副業に興味はないかなど聞いてくる人もいます。

 

直接会うこともできますが、実際に会うと、ネットワークビジネスやマルチ商法などの勧誘に合うケースが多い。

・パパ活など、援デリ系

パパ活や援デリ系と言われるもので、女性会員になりすまし、実は純粋な出会いではなく金銭を目的とした出会いだったというもの。

業者だけではなく個人で利益を得るために行うケースもあります。

・宗教勧誘系

マッチングアプリを利用している人の深層心理を絶妙についてきて宗教への勧誘を行う業者もいます。

特に「このままではなかなか結婚できない。」「良縁に恵まれない。」など不安を煽り、その解決方法として宗教へ勧誘するケースがあります。

▼会ってくれない

直接会ってしまったために様々な勧誘がされる業者は、正直怖いなと思った人も多いのではないでしょうか。

次に紹介する業者の特徴は、サクラと同じく何度メッセージのやり取りを行ったとしても決して会うことのできない業者で、以下のような目的でマッチングアプリに紛れ込んでいます。

・他サイトやアプリへ誘導する系

マッチングアプリから、別のサイトやアプリへ誘導させることで利益をもたらすことができることから、他サイトやアプリへ言葉巧みに誘導していく業者もいます。

 

誘われた他サイトやアプリへ移動することで、課金が必要になったり、個人情報が漏れてしまうという心配もあります。

・個人情報の収集

電話番号や住所、LINEのIDなど個人情報は、業者にとっては高値で取引できるとても重要なものとして、利用者の多いマッチングアプリを利用し、個人情報を収集している人や業者も少なくありません。

【2020年最新】利用者100人に聞いてみた!ペアーズのサクラ業者事情

ペアーズの業者遭遇率はどれぐらい?

「業者の見分け方を見る前に、まずペアーズの業者の割合が知りたい!」という方向けに、ラブマ編集部はクラウドワークスで独自のアンケートを行いました。

100人のペアーズ利用者(男性48人、女性52人)に、

  1. ペアーズでマッチングした人数
  2.  マッチングした人の中で業者のような人は何人いるか

といった2項目から、業者が全体に占める割合を計算して分析してみました!

ご覧の通り、男性利用者は平均10人に3-4人、女性利用者は平均1人業者疑惑の人とマッチングしたことがわかるんです!

ペアーズにはサクラがいないけど、業者は一定数いるということは事実ですね。

続いて、実際にあった体験談を見ていきましょう!


目的 恋活
基本料金 (男)3,500円〜/月
(女)無料
年齢層 20~30代が多い
会員数 累計1,000万人
運営会社 株式会社エウレカ

 

【男性の体験談】

【20代、マッチングした人数:28人、業者だった人数:1人】

メッセージもLINEの途中まではかなりラブラブなイチャイチャなメッセージが続きました。がLINEで突然元彼から連絡が来たと、このケータイ元カレの名義で買ったやつでお金返すか解約するかどっちかにしろと言われたから解約しなければいけないと、
その間LINEできないから新しいケータイを買うまでここでやり取りしたいと会員制のチャットサイトに誘導されました

【20代、マッチングした人数:20人、業者だった人数:3人】

プロフィールの時から、夢をたくさん上げていたり、副業でお金を稼いでいますと言ったようなアピールをしていて怪しいと思っていました。
最初のうちは、普通の会話をしていましたが、時間が経つと仕事内容や、副業に興味がないか聞かれたため業者と確信しました。

【30代、マッチングした人数:1人、業者だった人数:1人】

何度かやり取りをしていましたら、マルチ商法の誘いを受けました。空気清浄機を購入してと言われたのできっぱりと断りました。それっきりやり取りしてません。

【30代、マッチングした人数:3人、業者だった人数:1人】

業者かどうかは分かりませんが、最初の文章でエッチをしたいなどの文章を送ってくる人がいて、怪しかったのでそれ以降やり取りはしませんでした。

【40代、マッチングした人数:3人、業者だった人数:3人】

写真と実物が全然違いました。やりとりの最中もどこか日本語がおかしかったり、こちらの質問と相手の答えが食い違う事がしばしばありました。

男性の回答者の多くは、「他サイトへ誘導するようなメッセージやURLが貼られた」「頻繁に連絡してきていざ会おうとするとドタキャン」と、やりとりの中で気づいたパターンが多いということがわかりますね。

ということは、男性の場合はメッセージの段階で業者かどうか見抜く方法をしっかりと把握しておけば、たとえ業者に会ってもブロックすれば良いし、安心してペアーズを利用できるのでしょう。

【女性の体験談】

【30代、マッチングした人数:15人、業者だった人数:1人】

私がペアーズで出会った業者の人は、今思うとかなり怪しいプロフィールでした。
まず、32才の脳外科医で年収が2500万円というハイスペックでした。
この時点で怪しむべきなのですが、熱いメッセージでアタックされたこともあり、玉の輿に憧れていた私はテンションが上がってLINEを交換してしまったのです。
するとそれまでの熱いアプローチから一転し、「すごく稼げる副業があるから、一緒にしよう」とまさかの言葉が送られてきました。
これから素敵なシンデレラストーリーが始まるなんて舞い上がっていた自分を恥じ、業者だという現実に引き戻された体験でした。

【30代、マッチングした人数:20人、業者だった人数:1人】

最初はふつうで気づきませんでしたが、2回目に会うときに自宅で手料理をふるまうと話され、自宅にいきました。美味しい手料理をご馳走になりましたが、この料理はこの鍋で作ったとか、食器洗うときもこの洗剤はすごいんだよと。
アムウェイの製品でした。それ以降連絡してません。

【20代、マッチングした人数:15人、業者だった人:5人】

カフェにデートをした際に、人生について語られました。今の会社より稼げてキラキラした人生にしてみない?と。私は会いたいと言っていないのに、アムウェイで成功してる人に会わされたり、アムウェイの成功した人の家に行き、説明を受けました
本をみんなが持ってるのが狂気的だと思った。勧誘されました。

【30代、マッチングした人数:16人、業者だった人:1人】

やり取りの中で気づいたパターンです。最初のやりとりでいきなり『かわいいね』からスタートし、カラーモデルをしてほしいという内容が送られてきました。断りをいれると、『コロナで美容室いけなくてこまってない?おすすめのトリートメントがあるから』といって一つ¥5000くらいのトリートメントのURLが送られてきました。この時点で明らかに業者だと思ったので、やり取りを中断しました。

女性の回答結果を見て、「会ってお金や副業の話を持ちかけられた」「会ってアムウェイの製品をおすすめられた」というように、メッセージに限らず割とデートの段階まで行ってようやく業者だと気づいたパターンが多いということがわかりますね。

女性の場合はたとえ直接会うことができたとしても気を抜いちゃダメです。

最初何回目のデートはカフェなど人の多い場所にして、常に冷静し、警戒するようにしましょう!

ペアーズ業者の見分け方・特徴15選

業者は、ペアーズなどマッチングアプリに存在し、様々な目的で活動、それぞれのメリットを得ていることもわかりました。

マッチングアプリを利用する以上、業者に遭遇する可能性はゼロではないということを認識たうえで、怪しいと感じた人とはたとえマッチングが成立したとしても、あえてやり取りは行わず、次の出会いを求めるという風に、割り切って利用することも必要です。

ここからは、できるだけ業者と出会わないために、業者の可能性の高い要注意人物とはどういう人なのか、その特徴について説明していきます。

マッチングアプリによっては、サクラや業者の情報をリスト化して公開しているところもありますが、その情報に対して業者も対策していることと、常に最新情報は更新されているので、その情報だけチェックしていれば大丈夫ということは言い切れません。

 

1番大切なことは、マッチングアプリを利用する人自身が、

「怪しいかもしれない。」
「要注意人物と言われている人に近い。」

という風にサクラや業者を見抜いていく目を養うことが自分を守ることに繋がります。

 

そのため、サクラや業者と言われる人の特徴についてしっかり情報収集だけは怠らないようにしましょう。

こちらの女性向けの記事では要注意な男性の特徴について解説していますので、気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね!→ペアーズの要注意人物

プロフィール写真から

プロフィール写真から、サクラや業者の可能性があるかどうかを見分けることができます。

まずは、相手を探す段階からサクラや業者ではないかと見極めるようにしましょう。

【危険度:★★★】写真がイケメン・美人すぎる

プロフィール写真がモデルや女優・俳優ではないかというくらい、イケメンや美人すぎる場合は要注意です。

怪しいなと思ったら、まずは「google画像検索」を利用して、同じ画像がないかを調べてみる習慣をつけるようにしましょう。

マッチングアプリに現れるサクラや業者をプロフィール写真からできるだけ見極めたいという人は、こちらを参考にしちゃいましょう。

【危険度:★★★】露出の多い写真を使っている(男性向け)

男性向けとして気をつけたいのが、女性のプロフィール写真に露出の多いセクシーな写真を多く掲載している人は業者やサクラの可能性が高いので要注意です!

純粋に恋人が欲しい、結婚相手となる人が欲しいという人がプロフィールにどの程度の露出の写真を載せるかを考えれば、どの写真が怪しいのかどうかはわかると思いますので、ただ「かわいい!」「セクシーでいいな」という意識だけで選ばないようにしましょう。

【危険度:★★☆】写真の掲載枚数が少ない

マッチングアプリは、プロフィール写真としてメインとなる写真の他にも複数枚の写真を掲載することができます。

サクラや業者の場合、メインの写真のみ掲載という人がほとんどで、写真の掲載枚数が少ない傾向があるので、どんな写真を掲載しているのかというチェックもしっかり行うことが大切です。

プロフィール自己紹介から

プロフィールは、写真以外にも自分をアピールする自己紹介もあり、どんな人なのかを知ることに繋がります。プロフィールの自己紹介からサクラや業者じゃないかを見極めるようにしましょう。

【危険度:★★★】プロフィール情報がほぼ無い(穴だらけ)

マッチングアプリを利用して、良い出会いや希望する出会いを果たすためには、いかにプロフィールをしっかり作るのかが重要ということは、どのマッチングアプリでも紹介しています。

そのため、真剣な出会いを求めている人は、プロフィールを丁寧に作る傾向が強い一方で、サクラや業者は、仕事または自分の利益を得るために行うので、アプリを利用し、自分から積極的にアプローチしていく方を重要視しています。

良い出会いを重視している人こそプロフィールが丁寧に作られているものと思って見てみると、違いがはっきりわかると思いますので、そのような視点で見ていきましょう。

【危険度:★★★】お金関連の単語を使っている

プロフィールの中で、自分がいかに稼いで裕福なのか、投資など稼ぐ方法についてチラッとでも触れているようなものの場合は、業者の可能性が高いです。

特に、

  • FX
  • 自由

というキーワードを散りばめていて、以下に自由に稼いでいるのかということをアピールしているようなものなら注意が必要です。

【危険度:★★☆】高収入とアピールしている(女性向け)

お金関連の単語を使っているプロフィールと共通していますが、高収入ということをアピールしている男性は、職業がはっきりしない場合は注意が必要です。

職業もハッキリしていて、本当に高収入というステータスの高い男性の場合、自分が高収入であることをわざわざアピールするようなことはありません。

アピールしていること自体、怪しいと思って見る方がいいでしょう。

【危険度:★☆☆】登録して日が浅い

サクラや業者か、本当に出会いを求めている人かの区別が付きづらいけれど、警戒した方が良いが、登録してまだ日が浅い人です。

サクラや業者は、同じマッチングアプリを長く利用することはありませんので、登録して日が浅く、これまで紹介してきたプロフィールに掲載している写真や自分のPR方法などに少しでも該当する場合は注意しましょう。

メッセージから

マッチングアプリを利用し、いいなと思う相手とマッチングできると、メッセージのやり取りを行うこととなります。

プロフィールでは、サクラや業者っぽいところがなく、普通に出会いを求めて利用している人だろうと安心してメッセージのやり取りをはじめたら、実はサクラや業者だったということもあります。

相手からのメッセージで、サクラや業者かもしれないと疑うべきポイントについて紹介しますね。

【危険度:★★☆】いきなり長文の自己紹介をしてくる

マッチングして初めてメッセージのやり取りを行うタイミングで、いきなり長文で自己紹介をしてくる人がたまにいますが、その内容によってはサクラか業者かもしれません。

初めてのメッセージだからと、気合を入れてメッセージを送ってくる人も中にはいると思います。しかしそのような場合は、自己紹介の文章を見れば一目瞭然です。

一方、サクラや業者の場合は、テンプレートがあるのでは?というくらい、起承転結がハッキリしていて、逆に読みやすく手慣れているなと感じるものです。

そのような手慣れている感満載の長文の自己紹介をしてくる相手は、サクラや業者だろうと思いながら、一歩引いて見てみるようにしましょう。

【危険度:★★★】他サイト誘導のリンクを送ってくる

何度かメッセージのやりとりをしていくと、サクラや業者によっては、今利用しているマッチングアプリではなく、もっともな理由をつけて他サイトへ誘ってくることもあります。

また、何の前フリもなく他サイトへ誘導されるリンクをメッセージにつけてくるケースもあるので注意しましょう。

もしも、相手から届くメッセージにどこかのURLやリンクが貼り付けられていたら、そのリンクは開かないようにすれば心配いりません。

【危険度:★★★】マッチング後すぐにライン交換したがる

マッチング後、ほんの数回程度のやり取りですぐにライン交換をしたがる人もいますが、まだよくわからない相手に対してライン交換はやめておいた方がよいでしょう。

もちろん、メッセージのやり取りをしていく中で、お互いにラインを交換して直接やり取りしようという流れになっていくのが自然なので、ライン交換を行うこと事態はダメなことでも、それがサクラや業者に直結するものではありません。

ラインなどマッチングアプリを通さない連絡先交換は、慎重なぐらいの方が被害を最小限の留めることができるものとして行動するようにしましょう。

【危険度:★★☆】ライン交換後、即ブロック

いい感じでメッセージのやり取りをしている中で、ライン交換も普通に行うことになり、ラインを交換した直後に、相手から即ブロックされることもあるようです。

そのようなケースの場合は、マッチングアプリも退会していて、一切の連絡ができない状態になることもあります。

このような場合は、サクラや業者なら、これ以上やりとりをしても目的を達成できない相手と思われた可能性が高いです。

また、出会いを求めて利用している相手なら、何か自分に問題があったのだと思って、これまでやり取りしたメッセージを振り返り、何がダメだったのかを考えるようにしましょう。

【危険度:★★☆】すぐにデートの誘いに流す

マッチングしてメッセージのやりとりを始めたばかりなのに、すぐにデートに誘われてしまったという場合も注意が必要です。

特に、男性なら女性から積極的にデートに誘ってくる人は、そう滅多にいないものと思って警戒するようにしましょう。

実際に会う時

マッチングアプリを利用して出会いを果たすということは、いずれはマッチングが成立し、メッセージのやり取りをした相手と実際に会う日が遅かれ早かれやってくるものです。

出会った相手が、サクラの場合は、実際に会うことはありません。しかし、業者の場合は実際に会ってからが業者の本領を発揮することとなるので、注意が必要です。

実際に会う時には、どのようなケースに気をつけるべきなのかを紹介しますね。

【危険度:★★★】第三者に会わせようとする

実際に会うことになって、会ってみると感じもよくてホッとしたのも束の間で、別の誰か知らない人を紹介したいからと言われたり、「会って欲しい人がいる。」と言われるなど、第三者に会わせようとする人がいたら、それは間違いなく業者です。

早く帰らなくてはいけないからまた今度と言って、その日はよくわからない第三者には、会わずにそのまま帰宅することが重要です。

業者と確信したら、メッセージのやり取りをやめ、マッチングアプリの運営側に相談します。ラインの交換をしていたならブロックをして連絡が取れないようにしましょう。

【危険度:★★★】デート場所・時間を向こうから指定してくる

実際に会う場合、デートの場所や時間を合わせようとすることもなく、一方的に指定してくる場合は注意しましょう。

本当に恋人になりたいなど、素敵な出会いを求めている男女なら、実際に会うことも重要ですが、「初めてのデートをどこにするのか。」どこでなら一緒に楽しく過ごすことができるのかということを、お互いに考えて、デートの場所や時間を相談すると思います。

また、その相談も楽しみのひとつとなるものですが、業者の場合は、その工程を楽しむ必要はありません。

相談もなく、デートの場所や時間を指定されるようなことがあったら、

  • 昼間の時間に時間を変更してもらう
  • 人が多くオープンな場所に変更してもらう

など、なるべく二人っきりになってしまう機会を作らないようにするのがポイントです。

デートの日の翌日が早朝から仕事だから、昼間の時間がいいと伝えたり、「◯◯のカフェに言ってみたいと思ってたので、そこはどうですか?」という風に提案してみましょう。

【危険度:★★☆】プライベートのことをあまり言わない

直接会うことができたら、お互いにもっと相手のことを知りたいと思うのは、ごく自然なことです。しかし、プライベートなことをあまりにも話たがらない場合は注意が必要です。

特に、プライベートな部分は聞いてくるのに、自分のことは言わないという場合は、サクラや業者または、ヤリモクという迷惑ユーザーの可能性が高いので、自分のプライベートの話も言わないようしましょう。

まとめ

マッチングアプリにいると言われているサクラや業者とはどういうものなのかについて紹介してきました。

サクラや業者の特徴や目的を知れば、利用者の多いペアーズにサクラがいないと言われる理由がわかったという人も多いと思います。

しかし、その一方で利用者が多いからこそ、ペアーズとは関係のない業者が紛れ込んでいる可能性は否定できません。

ペアーズでは、24時間365日体制で怪しい行動をしている人のチェックや、セキュリティ対策など安心して利用できる対策が行われていますが、「業者かもしれない。」ということを念頭におきながら利用をすることをおすすめします。

もしも、「サクラや業者では?」と疑われる人に遭遇してしまった場合は、ペアーズの運営会社に連絡すれば、即対応してもらえるので、それほど過剰に心配する必要はありません。

何かあったときには「即相談!」を心がけてペアーズでの出会いを楽しんじゃいましょう!


目的 恋活
基本料金 (男)3,500円〜/月
(女)無料
年齢層 20~30代が多い
会員数 累計1,000万人
運営会社 株式会社エウレカ