【2020年最新】ペアーズの要注意人物リスト完全版!サクラ・業者の男女別の特徴、実際にあった詐欺被害やトラブル、その対処法を徹底解説

【2020年最新】ペアーズの要注意人物リスト完全版!サクラ・業者の男女別の特徴、実際にあった詐欺被害やトラブル、その対処法を徹底解説 | LoveMA!(ラブマ!) ペアーズ

ペアーズは、現在1000万人以上が利用している国内最大級のマッチングアプリです。

しかし、それだけ多くの人が利用しているからこそ、「サクラや業者などといった怪しい要注意人物が潜んでいないか不安…」という方もいると思います。

そこで今回は、主に以下の内容について詳しく解説しています。

  • ペアーズで実際にいた怪しい要注意人物リスト
  • 詐欺被害やトラブルに遭わないためのサクラ・業者の見分け方
  • 危険なトラブルに巻き込まれた時の対処法

その他、Twitterで拡散されている要注意人物やその特徴も紹介しているので、ペアーズが気になっている方は必見です!

ペアーズを使ってみたいけど、詐欺や怪しいユーザーとのトラブルが心配で始められないという方は、ぜひご一読ください。

ペアーズの危険な要注意人物リスト

ペアーズなどのマッチングアプリを利用する際は、不要なトラブルを避けるためにも、怪しい人や自分勝手な人といった「要注意人物」に気を付ける必要があります。

特に以下の項目に当てはまるユーザーには注意しましょう。

ペアーズの要注意人物リスト
  • 身体目当てのヤリモク男
  • 他サイトへ怪しい勧誘をしてくる
  • 資産運用や投資目的の怪しい勧誘をしてくる
  • アムウェイなどのマルチ商法への怪しい勧誘をしてくる
  • ぼったくりバーへの勧誘やパパ活などお金目的の詐欺をしてくる
  • 不倫・浮気目的の既婚者
  • 営業目的のホスト
  • 名前や写真で詐欺をする噓つきユーザー
  • 個人情報の特定が目的の危険なユーザー

以下ではTwitterや掲示板などの口コミ、実際にアンケートをした体験談などを交えて、それぞれの要注意人物の特徴を紹介します。

「ペアーズを利用したいけれど、面倒なトラブルには巻き込まれたくない…」
「サクラに引っかからないか心配」

という方はぜひ参考にしてみてください。

身体目当てのヤリモク男

ペアーズを利用を検討している女性の方は「身体目当てのヤリモク男」に注意してください。

割り切った関係を希望している方ならいいですが、「恋人がほしい」「友達がほしい」という方にとってヤリモクの男との出会いは不要です。

ヤリモク男の特徴を、体験談を通して見ていきましょう。

Aさん
(20代女性)

夜集合し個室の居酒屋に連れていかれました。食べ終わったあとにこっち来てと隣に行かされキスされて途中までされました。
そのまま居酒屋を出てどこに行くとも言わずホテルに行き終電があるからと解散したのですがそれからLINE送っても既読にならずやり逃げされました。見た目はチャラい感じではなく今どきの大学生という感じでした。

Bさん
(20代女性)

爽やかな顔写真に惹かれ、いいね!をこちらから送りました。私は初デートで舞い上がって雰囲気でそのまま体の関係を持ってしまいました。連絡が途絶えて以降、会っていません。

Cさん
(20代女性)

食事に誘われてはじめて会った日に居酒屋で何時間か呑んでそのままカラオケにいってホテルに連れてかれました。

基本的には、出会った初日に関係を持とうとしてくるケースが多いようですね。なお、ヤリモク男の特徴としては以下のとおりです。

特徴
  • 家や個室の居酒屋など、2人きりになれる場所に誘ってくる
  • メッセージで体や顔のことばかり聞いてくる
  • プロフィールで自分の情報は開示せず、こっちの情報ばかり聞いてくる
  • やたら一緒にお酒を飲みたがる

ヤリモク男は「お酒のノリでそのまま最後までいきたい」と考えてるユーザーが多いため、最初に居酒屋などに誘ってくるケースが多いです。

また、いきなり自宅に呼んでくる場合も要注意。

被害に遭わないためにも、初回のデートは「家デートはしない」「飲みに行かない」という点を意識するといいでしょう。

他サイトへの怪しい勧誘

急に「携帯が壊れたから」などと理由をつけて、「他のサイトでやり取りしよう」と勧誘してくるユーザーには注意しましょう。

このようなユーザーは、他のサイトに登録させることを目的としている業者です。

Dさん
(20代男性)

メッセージもLINEの途中まではかなりラブラブなイチャイチャなメッセージが続きました。がLINEで突然元彼から連絡が来たと、、
このケータイ元カレの名義で買ったやつでお金返すか解約するかどっちかにしろと言われたから解約しなければいけないと、
その間LINEできないから新しいケータイを買うまでここでやり取りしたいと会員制のチャットサイトに誘導されました。

Eさん
(20代女性)

メッセージでやりとりをしてる途中に、「LINE交換しない?」と言われLINEを交換した。そしたら、「スマホ壊れちゃったからメールでやりとりしない?」と言われて、変なメールサイトに勧誘された。

特徴
  • 急に「スマホ壊れた」などと言い出す
  • 他サイトでやり取りしようと提案してくる

上記の体験談からも分かるように、業者はメッセージでやり取りしている途中で様々な理由をつけて他のサイトに勧誘してきます。

「こっちのサイトで連絡を取ろう」と提案してはきますが、登録した後に連絡を取れることはありません無駄に登録料などがかかってしまうだけなので、他サイトに勧誘されたとしても登録しないように注意してください。

資産運用や投資目的の怪しい勧誘

メッセージでやり取りをしている途中で、資産運用や投資をすすめてくるユーザーには気を付けてください。

このようなユーザーは、資産運用の営業などを目的にしている場合がほとんどです。

実際の体験談を見ていきましょう。

Fさん
(30代女性)

やたらとどこに住んでいるのか、家族構成はと聞きたがった。実際会ってみたが、実家って別荘持つ気ない?君の資産になるよと話し始め結局不動産を売りつけたい人だった。


上記の体験談を寄せてくれた方は、マッチングした相手が不動産の営業を目的としたユーザーだったようですね。

資産運用や投資の話に乗ってしまうと最悪の場合、詐欺被害にあってしまう可能性もあるので、資産運用・投資の話が出てきた時点で距離をおくようにしましょう。

特徴
  • お金持ちアピールをしてくる
  • 「自分が安定しているのは資産運用のおかげ」などといってくる

アムウェイなどのマルチ商法への怪しい勧誘

中には「簡単に稼げる」「人生が豊かになる」などと魅力的な言葉を並べて、アムウェイなどのマルチ商法に勧誘してくるユーザーもいます。

Gさん
(30代女性)

最初はふつうで気づきませんでしたが、2回目に会うときに自宅で手料理をふるまうと話され、自宅にいきました。美味しい手料理をご馳走になりましたが、この料理はこの鍋で作ったとか、食器洗うときもこの洗剤はすごいんだよと。アムウェイの製品でした。それ以降連絡してません。

Hさん
(30代女性)

今思うとかなり怪しいプロフィールでした。
まず、32才の脳外科医で年収が2500万円というハイスペックでした。
熱いメッセージでアタックされたこともあり、テンションが上がってLINEを交換すると、それまでの熱いアプローチから一転し、「すごく稼げる副業があるから、一緒にしよう」とまさかの言葉が送られてきました。

Iさん
(20代女性)

カフェにデートをした際に、人生について語られました。今の会社より稼げてキラキラした人生にしてみない?と。私は会いたいと言っていないのに、アムウェイで成功してる人に会わされたり、アムウェイの成功した人の家に行き、説明を受けました。

マルチ商法に勧誘してくるユーザーは、少しでも話を聞いてくれる相手にはガツガツ勧誘してきます。

「流されて話を聞いていたら結局入会してしまった…」とならないように注意しましょう。

特徴
  • 「最高の仲間」「周りに感謝」などのワードを多用する
  • メッセージをやりとりしたてなのに「熱いアプローチ」をしてくる
  • 掲載している写真で「異常なお金持ちアピール」をしてくる
  • プロフィールがハイスペック過ぎる
  • 無駄に意識が高め
  • パーティーや講演会に誘ってくる

ぼったくりバーへの勧誘やパパ活などお金目的の詐欺

ペアーズなどのマッチングアプリを利用するうえで注意したいのが、ぼったくりバーへの勧誘など、お金目的の詐欺行為です。

https://twitter.com/EnzAnrivAls/status/1207254934606888960

特に「行きたいバーがあるから飲みに行こう」と言われた際に、お店の名前を教えてくれないときは要注意

高確率でぼったくりバーへ連れて行かれるので、そのような場合は会うのを避けるのが無難でしょう。

特徴
  • 飲みに行くお店を指定される
  • お店の名前は教えてくれない
  • 最初から飲みに誘ってくる

また、パパ活目的の女性もいるので「純粋に恋人がほしい」という方は、プロフィールなどを見てパパ活目的なのかどうかをしっかり判断することが大切になります。

以下のようなプロフィールの場合、パパ活目的の可能性が高いので注意してください。

特徴
  • プロフィールの画像が妙にセクシー
  • 金額などの条件が記載されている
  • 会える時間帯が細かく記載されている

不倫・浮気目的の既婚者

ペアーズなどのマッチングアプリには、不倫・浮気を目的とした既婚者が潜んでいる可能性もあります。

このような既婚者と関係を持ってしまうと、最悪裁判沙汰になってしまうケースもあるので、怪しいと感じたり、既婚者と分かった時点で手を引くようにしましょう。

営業目的のホスト

ホストの営業といえば、よく街中で客引きしているイメージがありますよね。

しかし、中にはマッチングアプリを利用して営業しているホストも存在します。

相手がホストの場合は基本的に自分のお店に連れてくることが目的なので、本格的な恋愛関係に発展することはありません。

恋人が欲しくてマッチングアプリを利用しているなら、「ホストっぽいな」と思った段階で避けるようにしましょう。

特徴
  • ホストのような見た目
  • 朝から昼の時間帯に連絡が取れない
  • 新大久保や新宿など、歓楽街がある街に住んでいる

名前や写真で詐欺をする噓つきユーザー

稀ですが、プロフィールの写真や名前を自分以外の人物に設定しているユーザーも存在します。

例えば、知名度が低いモデルの写真を、まるで自分であるかのように掲載しているようなケースですね。「釣り画像」とも呼ばれています。

「自分に自信がない」「単純に構ってほしかった」など理由はいろいろ考えられますが、このように嘘をついているユーザーと関わっても良い関係に発展する可能性はかなり低いので、避けるのが無難でしょう。

個人情報の特定が目的の危険なユーザー

メッセージでやり取りをしていると「本名を教えて」「電話番号やLINEのIDを交換しよう」という流れになることも多いですが、そのような個人情報を信用できない相手にすぐ教えるのは避けるようにしましょう。

なぜなら、その相手が個人情報の特定を目的としている危険なユーザーの可能性があるためです。

下手に自分の個人情報を喋ってしまうと、悪用されたり売られてしまうケースもあります。

個人情報が悪質なユーザーに知られてしまうと、アカウントを乗っ取られたりクレジットカードを不正利用されるなど、様々な危険が伴います。

そのような事態を防ぐためにも、個人情報をすぐに教えるのは控えましょう。

サクラや業者にも注意!ペアーズで要注意人物を避ける方法

ペアーズなどのマッチングアプリを利用する際に注意したいのが、サクラや業者の存在です。

こっちはせっかくいい出会いを求めて登録しているのに、マッチングしたのが業者やサクラだと無駄な時間を過ごしてしまいます。

このようなことを避けるためにも、サクラ・業者を見分けるのは重要です。

以下では、サクラ・業者とは一体どんな存在なのか、有効な対策方法などを紹介します。

ペアーズを使う前にサクラや業者の特徴を知っておく

ペアーズを利用するなら、不要なトラブルを避けるためにも、事前にサクラや業者の特徴を知っておきましょう。

まずはサクラの特徴から紹介します。

サクラの特徴
  • 「サクラ」とは一般人に紛れた運営側の人間
  • ユーザーに課金をさせるのが目的

上記のとおり、サクラとは「一般人に紛れている運営側の人間」のことを意味します。

目的は、マッチングアプリに登録しているユーザーに課金をさせることです。

とはいえ、ペアーズにサクラはいないので、ペアーズを利用するならサクラに関しては心配する必要はありません。

気をつけるべきなのは業者の存在です。

それでは、業者には一体どんな特徴があるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

業者の特徴
  • 「業者」とは他のサービスや怪しいビジネスへの勧誘、詐欺目的で活動しているユーザーのこと
  • 他サービスへ登録させる、勧誘するなど目的はユーザーごとに異なる

ここでいう業者とは、「マッチングアプリを利用して、他のサービスへの勧誘や危険な詐欺行為を行うユーザー」のことです。

例えば、マルチ商法や宗教への勧誘、ビジネスの話を持ちかけてくるなど、様々なケースがあります。

関わってもトラブルの原因にしかなりませんので、「もしかすると業者かも?」と感じた段階で、避けるようにしましょう。

詐欺被害やトラブルへの対策を徹底してペアーズを使う

「いい人だと思ってたのに詐欺にあった」「会ったらマルチ商法の講演会に連れて行かれた…」

ペアーズを利用するなら、上記のような業者による被害を避けるためにもトラブル対策は徹底しておきましょう。

特に以下の6つは、常に意識しておくことをおすすめします。

  • やり取りを重ねる前のLINE交換やデートは避ける
  • 上手い話は怪しいと考えて、気軽に誘いに乗らないようにする
  • ハイレベルすぎる容姿やプロフィールには警戒する
  • 画像のクオリティが高すぎる場合も注意
  • 「会わせたい人がいる」と言われても断る
  • 会うお店はこちら側から提案する

業者は、釣り画像でプロフィールを魅力的にする、積極的にメッセージしてくるなど、あの手この手であなたの信用を得ようとしてきます。

しかし、上記のいずれかに該当する場合は要注意。

メッセージでやり取りをしつつ、本当に信用できる人なのかどうかをゆっくり見定めていきましょう。

ペアーズで要注意人物の被害に遭ってしまった時の対処法

それでは、ペアーズで要注意人物の被害に遭ってしまったときはどう対処すればいいのでしょうか。

対処法としては様々ありますが、なかでも有効な手段が以下の2つです。

  • 運営に通報する
  • 非表示・ブロックする

業者やサクラ、詐欺などの被害に遭ってしまった際は、今後同じようなトラブルに遭わないためにも上記2点を徹底しましょう。

以下でそれぞれの対処法を詳しく紹介します。

運営に通報する

ペアーズでは不適切な内容がやり取りされないように、24時間365日の監視体制を整えていますが、中には監視の目をすり抜けて迷惑行為をおこなう要注意人物も存在します。

そんなときに活用したいのが、ペアーズにある「違反報告を送る」という通報機能です。

ペアーズでマッチングした相手が要注意人物だと確信を持てたら、運営に通報しましょう。

下記に該当する場合は、すぐに運営に対応してもらえますよ。

違反の種類
  • メッセージなどで別サイト・アプリ・SNSに誘導してくる
  • 本名・住所・勤務先・メールアドレス・電話番号・クレジットカード番号・銀行口座の情報など詳細な個人情報を聞いてくる
  • マルチ商法や情報商材などの勧誘、その他営業・宣伝をおこなう
  • カットモデルの募集をしたり、モデルや芸能界へのスカウトをほのめかす

ちなみに通報された相手は、プロフィールに警告マークが表示されるようになり、検索結果やコミュニティーで表示されなくなるので、通報された相手は新しくマッチングすることができなくなります。

また、状況によっては、通報された相手は強制退会させられる可能性もあります。

その場合、ペアーズには再登録できないので、要注意人物による被害を減らすことが可能です。

なお、通報する際はサイト内のやり取り以外にも、連絡先交換後やデートで不快な思いをした場合も通報することができます。

非表示・ブロックする

「通報するほどではないけれど少し怪しいと感じる」「なんだか怖いので距離をおきたい…」という場合は、ペアーズの非表示機能やブロック機能を活用しましょう。

相手を非表示・ブロックすることで相手から届くメッセージを遮断することができますよ。

ただし、ブロックした後に通報することはできないので要注意。

通報したいときは「まず通報する→ブロックする」という流れでブロックするようにしましょう。

デート中に要注意人物だと分かったら、用事が出来たフリで逃げる

デート中に相手が要注意人物だと判明したら、用事ができたフリをしてその場からすぐ逃げましょう。

特にマルチ商法などの勧誘は、長く話していると他の勧誘者を呼ばれてしまう可能性が高いので要注意です。

複数人で勧誘されると断りづらくなってしまいます。

不要なトラブルや危険を避けるためにも、要注意人物だと思ったら「急な仕事が入った」「友人が倒れた」など、理由をつけてすぐに逃げるといいでしょう。

【男女別】ペアーズにいる怪しい要注意人物の特徴

ここまでペアーズの要注意人物の特徴について紹介してきましたが、一度怪しい要注意人物の特徴を男女別にまとめて見ていきましょう。

男性の要注意人物の特徴

まずは男性の要注意人物の特徴から紹介します。

  • 収入が高すぎる
  • 容姿が良すぎる
  • プロフィールの写真の撮り方が上手すぎる

マッチングアプリにおける男性の魅力は、容姿や収入が決め手となることも少なくありません。

そのため、怪しい要注意人物は自分を魅力的に見せるために、収入や容姿に嘘をついているケースが多いです。

容姿は会った際にバレてしまいますが、「1度会ってしまえばどうにかなる」と思っている男性も存在するので注意。

「容姿が良すぎて逆に怪しい…」と感じた際は、「他の写真も見てみたい」などと伝えてみるといいでしょう。

女性の要注意人物の特徴

続いて、女性の要注意人物の特徴を見てきましょう。

  • 高収入アピール
  • 普段の生活が充実しているアピール
  • やり取りをして間もないのに「すぐに会えるアピール」をしてくる
  • 体のラインを露骨に強調している写真を掲載している

女性の要注意人物の場合は、マルチ商法や怪しいビジネスの勧誘、詐欺を目的としているケースが多いです。

特に、メッセージなどで高収入アピールをしてくるような女性には注意しましょう。

また、これは男性にも言えることですが、プロフィールの写真の撮り方が上手すぎるユーザーにも気をつけて下さい。

例えば、まるでモデルのようなアングルで撮っている写真や、デザイン性が高い写真などですね。

もちろん、本気で出会いを求めている方は写真の撮り方にも工夫しているので、一概に怪しいとは言えません。

しかし、写真の撮り方が上手すぎる場合は、勝手に他人の画像を悪用している可能性もあるので、一度画像検索する・他の写真を見せてもらうなどして、対策するようにしましょう。

Twitterで話題のペアーズの要注意人物リスト

「ペアーズでマッチングした相手が怪しい…」「もしかして詐欺目的の業者やサクラ?」と感じたときは、そのユーザーの名前をTwitterで検索してみてください。

以下のように、Twitterでは怪しい要注意人物の情報がよく投稿されているので、もしかすると出てくるかもしれません。

https://twitter.com/1BZINC3y0VDqvUh/status/1262637845665079296
https://twitter.com/AclcfuLLNZZw1na/status/1226936599025311746

https://twitter.com/erinkokm37742/status/1252536126939656195

特に、ヤリモク男や既婚者に関する情報はよく投稿されています。

メッセージでやり取りするうえで不審な点があれば、Twitterで検索してみるといいでしょう。

ペアーズの要注意人物まとめ

今回の記事では、ペアーズの要注意人物の情報や、要注意人物を避ける方法などについて紹介しました。以下まとめです。

  • すぐに会いたがる、やたらお酒を一緒に飲みたがるユーザーはヤリモク男の可能性が高い
  • 「他サイトでやり取りしよう」と提案してくるユーザーは業者の可能性が高いので要注意
  • お金持ちアピールをしてくる、プロフィールがハイスペック過ぎるユーザーは資産運用やマルチ商法の怪しい勧誘をしてくる可能性が高い
  • ユーザーの中には既婚者や営業目的のホストが混じっている場合もある
  • プロフィールの写真や名前を自分以外の人物に設定しているユーザーには要注意
  • 要注意人物だと分かったら、運営に通報する・非表示&ブロック機能を活用しよう
  • 「怪しい」人物に出会ったらTwitterで検索してみよう

ペアーズなどのマッチングアプリには、業者やヤリモクの男などの要注意人物が一定数いますが、一方でいい出会いがたくさんあることも事実です。

もちろん、要注意人物に気を付ける必要はありますが、今回紹介した要注意人物の特徴を把握しておけばそこまで心配することはありません。

ぜひこの記事を参考に、要注意人物を避けつつ素敵な出会いを探してみてください。

LoveMA!のインスタグラムも要チェック!
過去の人気投稿はこちら!↓

▶恋愛で失敗したくない人必見!
▶『心理学』と『体験談』をもとに、毎日恋愛ノウハウを発信中!

◉今すぐ実践できる「モテるための裏ワザ」
◉気になる異性を確実にオトす方法
◉人に聞けない『H』のリアルやテクニックも♥

ペアーズ
マッチングアプリ・恋活・出会いメディア LoveMA!(ラブマ!)