Tinder

Tinder(ティンダー)は無料で危険!?無課金vs有料プラン徹底調査~マッチテクも大公開

Tinder(ティンダー)は無料で危険!?無課金vs有料プラン徹底調査~マッチテクも大公開 | LoveMA!(ラブマ!)

Tinder(ティンダー)は、男性も無料で使える貴重なマッチングアプリ。

課金しないとメッセージを送れないアプリが多い中で、無料でメッセージし放題のTinderは、男性でも無課金で十分出会うことができちゃうんです。

でも「どこまで無課金でいけるの?」「無料プランと有料プランで何が違うの?」と思ってる方も多いですよね。

そこで今回は、無料で出会えるTinderについて

  • 無課金で使える機能と使い方
  • 無料プランと有料プランの違い
  • 無料で出会うためのプロフィール・メッセージの攻略法

などについて解説したいと思います!

Tinderとは?ライク・マッチ・ブーストって何?という初心者の方にも分かりやすく説明していきますので安心してくださいね。

また、Tinderで課金すればマッチ率が上がるの?というもっとおいしい思いをしたいTinder利用者の方も必見です。


目的 デート&恋活
基本料金 (男)無料
(女)無料
年齢層 20~40代と幅広い年齢層
運営会社 株式会社マッチグループ

 

Tinder(ティンダー)は男性も完全無料でメッセージし放題!!

Tinder 無料でできること

そもそも、マッチングアプリで出会う(デートする)までの簡単な流れとしては、

  1. 気に入った相手にいいねを送る
  2. マッチング成立
  3. メッセージで会う約束をとりつける
  4. 実際に会う

という段階の流れになるのが基本です。

しかし、ほとんどのマッチングアプリは男性の場合、マッチングまでは無料ですが、メッセージのやり取りは有料となっています。

メッセージのやり取り無しでは会うこともできないため、おそらく多くの男性が「メッセージのやり取りも無料でできればなあ…」と思っているでしょう。そんな方にぴったりなのが、マッチングアプリのTinderです。

Tinderは完全無料でメッセージし放題のマッチングアプリ。そのため、お金をかけずに十分出会うことができますよ。

とくに「無課金でいい思いをしたい!」「気楽な遊び相手・飲み友達を探したい」という方にはおすすめ。海外利用者も多いので、外国人とも出会いやすいという特徴もあります。

無料なゆえにライバル多し!要注意人物も・・

Tinderは男性でも完全無料で利用することが可能ですが、その分男性ユーザーの割合が高め。正直なところライバルは多いです。

そもそも「できれば無料でマッチングアプリを利用したい!」と考えている男性は非常にたくさんいます。有料と無料のマッチングアプリが存在するなかで、無料のアプリを利用したいと思うのは当然ですよね。

そして、男性ユーザーが多いということは、ライバルも多いということです。

利用している層も広いので、「アイドル級のイケメン」や「お金持ち」など、魅力的な武器があるユーザーとライバルになる可能性もあります。結果的に「ライバルが多く、なかなかマッチングしない…」という状況になりがちです。

そのため、中身で勝負したい男性や本気でマッチングしたい男性は、他のマッチングアプリの利用を検討しましょう。

Tinderほどライバルは多くないので、マッチングするチャンスも増えますよ。

とはいえ、「他のマッチングアプリは有料だから…」と利用をためらう男性もいるかと思います。そんな方におすすめなのがマッチングアプリのPairs(ペアーズ)です。

Pairs(ペアーズ)は、数あるマッチングアプリのなかでも料金が安いので、「なるべくお金をかけずにマッチングアプリを利用したい」という方にはぴったり。

男性会員でも、最初のメッセージまでは無料で送信することができます。登録だけなら無料なので、一度登録してどんな感じのマッチングアプリなのか確かめてみるのもいいでしょう。


目的 恋活
基本料金 (男)3,590円〜/月
(女)無料
年齢層 20~30代が多い
会員数 累計1,000万人
運営会社 株式会社エウレカ

 

なお、Tinderは男女ともに無料、年齢・本人確認なしで利用可能です。ただし、利用しやすい分「ヤリモク」や「既婚者」といった要注意人物も存在するので気を付けてください。

ちなみに、Tinderにおける要注意人物については以下の記事でも解説しています。

無課金で気楽に出会える!Tinderの無料機能と使い方

Tinderは無課金でも利用することが可能ですが、「一体どの機能まで無料で使えるの?」と疑問な方もいるかと思います。結論、Tinderで無料で利用できる機能は以下のとおりです。

無料で使える機能
  • マッチング相手とメッセージ交換
  • 好みの相手を探してLIKE(いいね)する
  • 1日1回スーパーライクできる
  • 探す相手の条件を設定する

上記の4つの機能を利用することで、無料でマッチングすることができます。以下でそれぞれの機能の内容や使い方について詳しく見ていきましょう。

マッチング相手とメッセージ交換

Tinderの最大のメリットといえるのが、マッチさえすれば相手と何回でも無料でメッセージをやり取りできる点です。

もちろん、男性でも無料でメッセージの送受信ができます。

ちなみに、ここでいうマッチとは、相手と自分がお互いにライク(スーパーライク含む)した状態のことを意味します。

マッチングが成立すると「〇〇さんとマッチしました」と表示されるので、そのタイミングでメッセージを送受信できるようになりますよ。

ただし、「自分はライクしたけれど相手はライクしていない」というマッチ前の状態では、メッセージの送受信はできないので注意してください。

なお、メッセージの送り方の手順は以下のとおりです。

メッセージの送り方
  1. マッチングが成立
  2. 「新しいマッチ」に表示されたユーザーのアイコンをタップ
  3. チャット画面に切り替わり、メッセージの送受信が可能になる

基本的にはLINEでやり取りするのとほぼ同じ感覚でやり取りできるので、操作に戸惑うことはないでしょう。

また、「メッセージを送れるのはいいけれど返信がくるか不安…」という方は、後ほど紹介している返信率をアップさせるメッセージのコツも参考にしてみてください。

好みの相手を探してLIKE(いいね)する

無課金でも、好みの相手を探してライク(いいね)する機能を利用することができます。

Tinderでは「相手と自分がお互いにライクするとマッチング成立」という仕組みを採用しているので、ライクは非常に重要な機能です。

ライクする方法は非常にシンプル。検索画面に出てくるユーザーの写真・プロフィールを見て、気に入れば右にスワイプしてLike!(=いいね)をすることができます。

一方、気に入らならない場合は、左にスワイプすればNope(=ごめんなさい)となり、相手にライクがつくことはありません。

ちなみに、無課金でできるいいね数は120回まで。

120回使い切っても12時間後にライクできるようになるので、合計で1日240回のライクが可能です。Nopeは無制限となっています。

なお、ライクするかNopeするかは、「ぱっと見でいい感じだったから」など、かなり直感的に判断されるケースが多いです。そのため、なるべく良く撮れている写真を設定するなど、写真の選び方には工夫するといいでしょう。

1日1回スーパーライクできる

ライクより上の超いいね!を伝えることができるのがスーパーライク。無課金だと1日1回まで送ることができます。

通常のライクと違って相手にスーパーライクしたことが通知されるので、結果的にマッチング率もアップしますよ。上にスワイプ、または青い星マークを押すことで送れるので、気に入ったユーザーがいればぜひ送ってみましょう。

ちなみにスーパーライクした際は、スーパーライクした瞬間に相手にプッシュ通知が届きます。

さらに、相手のスワイプ画面にあなたが表示されると下部が青くなり、名前の横に青い星がつくので、スーパーライクされたかどうかはすぐに判断することが可能です。

また、自分がスーパーライクされた場合は、無料会員でも通知や表示で知ることができます。

探す相手の条件を設定する

マッチング率を高めるためにも、探す相手の条件はしっかり設定しておきましょう。

探す相手の条件はマイページ設定画面から、性別、年齢、距離で絞り込むことができます。この条件に合致した相手がスワイプ画面に表示されるということですね。

ただし、名前検索などはできません。

また、無料プラン、有料プランにかかわらず検索条件は同じです。課金したからといって検索条件が追加されることはないので覚えておきましょう。

なお、ここまでTinderの無料で利用できる機能について紹介しましたが、さらに詳しいTinderの使い方を知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。画面サンプルを用いて丁寧に解説しているので、より理解が深まるかと思います。

無料で最短ゲットできちゃうTinderのプロフィール・メッセージのテクニック

Tinderでマッチするためには、毎日LIKEを送り続ける、近くの女性から探していく、スーパーライクを活用するなども大切な要素ですが、とくに重要になるのが写真とプロフィールです。

なぜなら、Tinderには画面を数秒見てLIKEするかどうか、直感で決めるユーザーが多いためです。

この一瞬の間に「この人良さそう」と思われるためには、画面に表示される写真や自己紹介の内容に工夫する必要があります。

さらに、マッチングした後のメッセージの内容も重要です。せっかくマッチしたのにメッセージが返信しにくい内容では、実際に会うことは難しくなるでしょう。

それでは、写真やプロフィール・メッセージの内容はどうするのが適切なのでしょうか。

以下では、LIKEされやすい写真の選び方や好印象な自己紹介の書き方、メッセージの内容のコツについて紹介します。

LIKEされやすい写真の選び方

検索画面で一番最初に目に入るのが、設定されている写真です。写真であなたの第一印象が決まってくるので、相手からLIKEされるためには写真の選び方はかなり重要になります。

では、どのような写真を選べばいいのでしょうか。写真を選ぶ際のポイントをまとめてみました。

プロフィール写真のポイント
  • メインの1枚目は笑顔
  • 多少のフィルター掛けはOK
  • 顔がはっきり分かるような写真
  • 自撮りを載せすぎない

このなかでもとくに重要なのが、「笑顔の写真であること」。なぜなら、LIKEされるには「いい人そう」「話しやすそう」と思われる必要があるためです。

例えば、ムッとした表情で写っている人だと「なんだか絡みにくそう…」「怖そう」と思ってしまいますよね。そのような印象を与えてしまった場合、よほどのイケメンでない限りはLIKEをもらうことはできないでしょう。

ですが、笑顔の写真であれば「いい人そう」と思われる可能性も高いですし、何より好印象です。そのため、Tinderのメインの写真は明るい表情で写っている写真を選択するようにしましょう。

一方で、以下のような写真はLIKEされる可能性が低くなってしまうので、設定しないように注意してください。

  • メインの1枚目に顔が写っていない
  • メインの写真、サブの写真がすべて自撮り
  • あからさまに加工しすぎている

メインの1枚目に顔が写っていない場合はそもそも「いい人そう」かどうかを判断できないですし、自撮りが多すぎる場合も「過剰なナルシスト」だと思われてしまい、マイナスな印象を与えてしまいます。

好印象な自己紹介の書き方

Tinderでは自分の自己紹介文を書くことができるのですが、自己紹介文は検索画面に表示される写真と一緒に掲載されるため、LIKEするかどうかの判断基準にもなります。

そのため、なるべく好印象になる自己紹介文を書くようにしましょう。印象をよくするためにも、以下のような項目は最低限書いておくことをおすすめします。

プロフィール文のポイント
  • 普段何をしてるか(仕事・趣味)
  • 趣味は複数掲載
  • どんな人からLIKEがほしいか(〇〇な人はLIKEください、など)

とくに趣味に関しては、いくつか書いておくのがおすすめ。共通の趣味がある相手だとマッチする可能性も上がってくるので、2〜3つは書いておくといいでしょう。

ただし、自己紹介文は長くなりすぎないように注意してください。というのも、検索画面に表示される自己紹介文は4行までしか表示されないためです。

表示される文字数はせいぜい60文字程度なので、そのくらいのボリュームを意識して書くようにしましょう。

相手が返信したくなるメッセージ

相手からライクをもらうことは重要ですが、さらに重要になるのがマッチした後のメッセージのやり取りです。

「せっかくマッチしたのに、メッセージが返ってこない…」という状況を避けるためにも、メッセージの内容には気を付けてください。マッチした後にメッセージを送る際は、以下の4点を意識して送るといいでしょう。

メッセージでのポイント
  • マッチしたらお礼を伝える(マッチありがとうございます、など)
  • 相手に興味があることを伝える(〇〇がお好きなんですね、など)
  • 趣味などに共通点があればそのことを伝える(僕も〇〇なので嬉しいです、など)
  • 質問形式で締めくくる(〇〇はお好きですか?、など)

長すぎず、質問形式で締めくくるのがポイントです。相手が返信したくなるようなメッセージを送るように心がけてください。

また、返信があったらなるべく早く返す、トーンや文章の量は相手に合わせることを意識するようにしましょう。

なお、メッセージのやり取りをして実際に会う約束をする際は、相手からの信用を得るためにも、お昼の時間のデートがおすすめです。まずは軽く食事に行くなど、無難な選択肢をとりましょう。

一方、夜に会う場合は、ちょっと高級なお店や話題のレストランがおすすめです。

無料よりマッチ率UP!?ブースト無課金、ライク無制限のTinder有料プラン

Tinderの有料会員

Tinderは無料で利用することが可能ですが、無料プランの他に「Tinder Plus(プラス)」「Tinder Gold(ゴールド)」という2種類の有料プランが用意されています。

では、無料プランと有料プランでは具体的にどう変わってくるのでしょうか。無料プランと有料プランの違いについて見ていきましょう。

無料プランとTinder Plus、Tinder Goldの違い

無料プランとTinder Plus、Tinder Goldの違いは以下のとおりです。

無料プラン Tinder Plus、Tinder Gold
LIKE 120回※12時間後に復活 無制限
スーパーライク 1回/日 5回/日
相手のLIKE・NOPEが分かる Plus:✕Gold:〇
スワイプの取消
ブースト 1回/月
アクティブ会員優先表示
位置情報変更
広告非表示

無料プランに比べてTinder Plus、Tinder Goldは、LIKEが無制限で送れるなど、内容がグレードアップしています。とくに大きな違いが「相手のLIKE・NOPEが分かる」という点ですね。

無料プランの場合、誰が自分にLIKEしたかは見れないのですが、Tinder Goldを利用すると誰が自分にLIKEしたかが分かるようになるので、手早いマッチングが可能になります。

LIKEをくれた相手には名前の横に金のハートマークが表示されるので、一目で判断することができますよ。

さらに、Tinder Plus、Tinder Goldには無料プランにはない「ブースト」という機能がついています。

ブーストとは、同じエリアにいるTinderユーザーのスワイプ画面に、30分間自分のプロフィールを優先表示させることができる機能のことです。

画面下にある雷マークのボタンを押せば、月に1回までブーストすることができます。

「ブースト中はあなたのプロフィール閲覧数が最大10倍になる」と公式が明言しており、上手に活用することでマッチするチャンスはかなり広がると思っていいでしょう。

ちなみに、スーパーライク、ブーストは追加購入することができます。Tinder Plus、Tinder Goldの方だけでなく、無課金で使っている方でも可能です。

Tinderで課金するなら他のマッチングアプリがおすすめ

Tinderの有料プランの料金は、それぞれ以下のようになっています。

有料プランの料金
  • Tinder Plus:1,200円~2,200円程
  • Tinder Gold:1,700円~3,400円程

ちなみに、6ヶ月分や12ヶ月分を一括払いすれば割安になりますが、「途中で解約したい」となった際に損をしてしまうので注意。最初はどんな内容のサービスなのか確かめるためにも、1ヶ月のプランから試すのがいいでしょう。

とはいえ、実際のところ、課金したとしてもライバルが多いので、マッチするのが難しいことには変わりありません。

どうせ課金するなら、他のマッチングアプリに課金することをおすすめします。

なぜなら、他のマッチングアプリのほうが男性のライバルも少ないですし、相手の条件を細かく絞って検索できるためです。結果的にマッチする可能性も高くなります。

そのため、課金するなら「Tinderは無料で使い続けて、他のマッチングアプリに課金する」というように、併用して使っていくといいでしょう。

以下では、「遊び相手を探したい人向け」「恋人を探したい人向け」というニーズ別に、おすすめのマッチングアプリを紹介するので、検討してみてください。

遊び相手を探したい人向けアプリ

マッチングアプリにはたくさんの種類がありますが、ここでは「遊び相手を探したい人」に向いているマッチングアプリを紹介します。結論、以下の3つがおすすめです。

基本料金 特徴
Dine 月額2,900円〜6,500円
  • メッセージなしですぐにデートできる
  • 利用できるのは東京・大阪・名古屋・福岡のみ
クロスミー 月額2,317円〜4,200円
  • GPS機能を使った「すれ違いマッチング」ができる
  • 相手が近くにいることが分かっているのでデートに発展しやすい
東カレデート 月額4,133円〜6,500円
  • 男女ともに入会するには利用者と運営の審査に通る必要がある
  • 審査に通過したハイスペックな男女と出会うことができる

上記の3つのマッチングアプリは、どれも「デートに発展しやすい」という特徴を持っています。

Tinderよりも若干料金は高めですが、「手早くマッチしてすぐにデートしたい!」という方にはおすすめ。デートの約束をするまでにかかる手間や時間を考えると、非常にコスパがいいマッチングアプリだといえるでしょう。
(↑下線部からCV)

恋人を探したい人向けアプリ

続いて、「恋人を探したい人」に最適なマッチングアプリを紹介します。

基本料金 特徴
ペアーズ 月額1,220円〜3,590円
  • 24時間365日体制の監視体制
  • 女性は完全無料なので、若い層が多い
with 月額2,070円〜3,900円
  • 20代前半〜30代にかけての真面目に恋活したい層が多い
  • 婚活よりは恋活したい人向け
タップル 月額2,317円〜3,900円
  • Tinderと同じく検索画面でスワイプして「いいね」を送るスタイル
  • 毎月5,000人以上が出会っている

上記の3つのマッチングアプリは、恋活目的の若い女性が多いことが特徴です。

雑誌やメディアなどでもよく紹介されているため、「安心できる・信頼できる」という面で、多くの若い女性に利用されています。「恋人がほしい」という方にはもちろん、「若い女性と付き合いたい」という方にもおすすめです。

また、月額料金もTinderとさほど変わらず、ペアーズに関してはTinderより安く利用することも可能です。「恋人がほしいけれどあまり課金はしたくない」方は、ぜひ検討してみてください。
(↑下線部からCV)

Tinder有料プランの解約方法

Tinder Plus、Tinder Goldは、それぞれ有料のサービスですが、もちろん解約することが可能です。

ただし、アプリをアンインストールするだけでは解約することはできません。

具体的な解約方法は、iOS、Android、WEB版それぞれで手順が違うので、Tinderの公式サイトの手順に従って解約するようにしましょう。詳しい解約手順については、こちらの公式サイトを参照してください。

また、6ヶ月プラン、12ヶ月プランですでに一括の料金を支払っていた場合、課金した分は途中解約しても返金されないので注意しましょう。

Tinderを長期間で利用する予定がない場合は、様子見として1ヶ月プランで課金することをおすすめします。

ですが、1ヶ月プランの途中で解約した場合も他のプランと同様、日割はありません。途中で解約しても、1ヶ月まるまるの料金が発生してしまうことは覚えておきましょう。

なお、Tinderの会員自体を退会する場合は、必ず先に有料プランを解約してから退会手続きをおこなうようにしてください。有料プランを解約しないことには、退会手続きをおこなうことはできません。

男性も無料で出会える『Tinder』のまとめ

今回の記事では、無料で利用できるマッチングアプリ「Tinder」の基本的な機能や使い方、無料プランと有料プランの違いなどについて紹介しました。以下まとめです。

  • Tinderは男性でも無料で利用できる
  • 男性でも無料で利用できるためライバルは多い
  • Tinderでマッチングするためにはプロフィールの写真や自己紹介文が重要になる
  • メッセージを送る際は返信のしやすい内容になるように心がけよう
  • Tinderの有料プランなら誰が自分にLIKEしたかを見れるようになる
  • 課金するならライバルが少ないTinder以外のマッチングアプリに課金するのがおすすめ

Tinderは無料で利用できるマッチングアプリではありますが、その分ライバルが多いなど、マッチングするまでの道のりが険しいアプリでもあります。そのため、効率よくマッチングしたい方は、Tinder以外のマッチングアプリに課金するといいでしょう。

なお、以下の記事では、キャンペーンの利用や相手の課金状況によって無料で使うことができるマッチングアプリを紹介しています。「とにかくお金をかけずにマッチングアプリを利用したい!」という方は、ぜひ参考にしてみてください。