Tinder

Tinder(ティンダー)の使い方ガイド│登録から相手探し、出会うまでを徹底解説!

Tinder(ティンダー)の使い方ガイド│登録から相手探し、出会うまでを徹底解説! | LoveMA!(ラブマ!)

Tinderはアメリカで誕生したマッチングアプリで、気軽な出会いを探している男女に人気があります。男女ともに完全無料で利用ができ、1日当たりのマッチ数は1200万組と数多くの出会いがTinderで叶えられています。

認知度が高く、人気もあるアプリですから、今更使い方を教えてもらうのもちょっと恥ずかしい…と思います。また、お得な使い方や出会うコツがあったら一緒に知ることができたら最高ですよね!

このページでは、Tinderの使い方を知りたい男女に向けて

  • Tinderの流れと使い方を解説
  • Tinderで使われる用語とボタンの説明
  • Tinderの有料プランの説明

といった内容をまとめて紹介しています。

Tinderをこれからダウンロードしたい方やもちろん、ダウンロードをしたけど使いか方がイマイチわからない方にもおすすめの情報です。ぜひ、最後までお付き合いください。

Tinderとは

Tinder(ティンダー)は、日本で利用できるマッチングアプリの中でも最大手と言われているくらい規模の大きなマッチングアプリとして有名です。

利用者は日本国内に留まらず全世界約190カ国以上、累計マッチング数は300億回を突破しているというのですから、規模の違いがわかります。

Tinder(ティンダー)は、無料で利用でき、なおかつ操作はとても簡単です。

日本人だけではなく外国人とも出会えるので、国を問わず誰かと出会いたいという人にピッタリです。

基本情報
運営会社 Match Group, Inc.(IACグループ)
料金 男女ともに無料 一部課金あり
会員属性 遊び
特徴
  • 会員登録に身分証明、年齢確認の必要なし
  • 外国人の利用が多い
  • 20代の若い年齢の男女が多い

目的 デート&恋活
基本料金 (男)無料
(女)無料
年齢層 20~40代と幅広い年齢層
運営会社 株式会社マッチグループ

 

Tinderの使い方流れ

Tinderの使い方はとても簡単です。
会員登録から利用までなんとなく感覚で進めていけるので、途中でつまづいて利用できなかったということはほぼないと言えます。

「使い方の流れをしっかり理解してから始めたい!」という人のために、4つのステップを踏むことで使うことのできる「Tinderの使い方の流れ」を紹介しますね。

①登録方法

Tinderを利用するには、まず会員登録を行いますが、一般的なマッチングアプリのような本人確認や年齢確認の必要がないので手軽です。

Tinderの登録には、

  • 電話番号を利用して登録
  • Facebookのアカウントを利用して登録

以上のどちらかを利用して行います。登録時に必要な情報として、

  • 氏名
  • 性別
  • 写真(1枚~9枚)
  • 自己紹介文(500文字程度)

などを登録することとなりますが、自己紹介文は、利用開始後の出会いにほぼ影響を与えないと言われているので、気軽な気持ちで記入すれば大丈夫。

写真は、最低でも3枚は最初から用意して掲載するようにした方が、マッチング率が高くなります。

Tinderの登録に電話番号とFacebookのどちらを利用しようか迷うという人のために、それぞれのメリット・デメリットを紹介しますので、メリットを多く感じる方で利用してみましょう。

Facebookで登録

Facebookで会員登録する場合のメリットは、Facebookに登録されている情報が紐付けられることです。

どのような情報が紐付けられるのかというと、

  • 氏名
  • 年齢
  • 写真
  • 住んでいる地域
  • 学歴
  • 職歴

など、Facebookに自分で登録していて、Tinderに必要な情報がそのまま利用されるので、わざわざ情報を入力する必要がありません。

一方、デメリットは、Facebookの設定で自分がどんなアプリを使用しているのかの情報をONにしていると、Tinderを利用していることがバレてしまう可能性が高いという点です。

この点は、アプリの利用表示範囲を「自分のみ」に設定することで回避することができます。

電話番号で登録

電話番号で登録した場合のメリットは、登録時の氏名を自由に決めることができることと、年齢も登録後は変更することはできませんが、自分で入力した年齢が使われる点です。

さらに、Facebookで登録をすると共通の友人が表示されますが、その表示もないのでまっさらな状態でTinderの利用を始めることができます。

デメリットは、Facebookで登録するのとは違い、必要事項を入力する必要があるという点です。

電話番号で登録する場合に必要な情報は、

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 性別
  • 誕生日
  • 氏名

の5つです。

②スワイプで好みの相手を探す

Tinderの会員登録を終えたら、早速どんな人が利用しているのか。好みの相手を探してみましょう。

Tinderのスワイプ機能Tinderのスワイプ機能

Tinderでは、スワイプの画面に現れる相手の写真とプロフィールを確認して、

  • Like!(好き)
  • Nope(ごめんなさい)

のどちらかのボタンをタップまたはスライドして、次の相手の写真をプロフィールを確認するという動作をどんどん行っていくことができます。

この作業だけでも、感覚的にすぐに操作することができ、色々な人の写真やプロフィールを見ているだけでも楽しくなります。

相手の情報を見ることのできるスワイプ画面では、先ほど紹介した「Like!(好き)」「Nope(ごめんなさい)」以外にも、全部で5つのコマンドがあります。

どんなコマンドがあるのかは、こちらで紹介していますので、チェックしてくださいね。
Tinderのスワイプ画面にある5種類のマーク・コマンドの使い方

スワイプ画面で表示する相手は、マイページの設定画面から「性別」「年齢」「距離」という項目で絞り込むことができるので、より希望にマッチした相手を効率的に探すことができます。

③マッチング

スワイプ画面で相手探しをして「Like!(好き)」と意思表示した相手が、自分にも同じように「Like!(好き)」としてくれたり、相手から「Like!(好き)」と意思表示され、相手に「Like!(好き)」と返すと、Tinderではマッチング成立となり以下のような画面が現れます。

Tinderでマッチング

マッチングが成立すると、その相手とのメッセージの送受信が可能となるので、色々なメッセージのやり取りを楽しんでみましょう。

いくつか「Like!(好き)」とアクションを起こしたにも関わらず、なかなかマッチングが成立しないと悔しい思いをしている人もいると思います。

なかなかマッチングが成立しないという人は、Tinderをフル活用して出会いを楽しんでいる人が実践している「マッチング率を上げるコツ」を紹介しているこちら参考に試してみちゃいましょう!→ジャンプリンク

④メッセージの交換

先ほども少しだけ紹介しましたが、マッチングが成立するとその相手とのメッセージの交換ができるようになります。

メッセージの交換は、マッチングが成立しなければどんなに「Like!(好き)」とアクションを起こしても行うことができません。

さらにTinderでは、相手へメッセージを送信しても既読機能がないため、そのメッセージが本当に読まれているのかどうかを確認する方法がないので、なかなか返信が来ないとヤキモキしてしまいます。

しかしそれも、Tinderを使用する楽しみのひとつと思ってワクワク・ドキドキを楽しんでみましょう。

Tinderの利用の流れは、

利用手順
  1. 会員登録&プロフィール作成
  2. スワイプで好みの相手を探してアクションを起こす
  3. マッチングの成立
  4. メッセージで交流

という4つの簡単なステップで利用することができるのでとても気軽に出会いを探すことできます。

Tinderは使いやすいけれど、日本のマッチングアプリの方がやっぱり安心という人におすすめなのが「タップル誕生

タップル誕生は、Tinderと同じようなスワイプ機能が搭載されていて感覚的に使うことができると人気があります。

運営会社は、AbemaTVでもおなじみのサイバーエージェントグループで、会員登録数は400万人以上、累計マッチング数は2億組という膨大な数の人が利用し、マッチング・出会いに成功しています。

日本人だから日本で運営しているマッチングアプリを利用したいという人は、「タップル誕生」を利用してみてはどうでしょう。


目的 デート活
基本料金 (男)0~3,700円/月
(女)無料
年齢層 20~30代が多い
会員数 400万人
マッチング数 毎日25万組
運営会社 株式会社タップル
(サイバーエージェント)

 

Tinderマイページ画面の使い方

Tinderを使い倒すためには、Tinderのマイページ画面の使い方を熟知することが重要です。
そこで、Tinderマイページ画面の使い方をわかりやすく紹介します。

「Tinderマイページ画面の使い方」

Tinderのマイページ画面では、3つの機能を利用することができます。

3つの機能を上手に活用することで、さらにTinderを使いやすくし、出会いを増やすことも可能となります。Tinderの3つの機能を利用できるマイページ画面を紹介しますね。

  1. 設定画面 相手を探す時にこだわりたい年齢(出会いたい年齢の範囲)、性別、距離(自分の居住地からどのくらいの範囲(最長15km)までの人と出会いたいか)の設定を行うことができます。
  2. 情報編集
    会員登録時に設定したプロフィール情報を編集することができます。写真、自己紹介の他にも、職種や勤務先、出身(在学)校の設定なども行うことが可能です。
  3. 有料会員設定
    Tinderは、無料で利用することのできるマッチングアプリですが、有料でも利用することができ、有料会員になるための設定を行うことができます。

有料会員になるとどのようなサービスを利用できるのかなどの詳細は、こちらをご覧ください。→ジャンプリンク「H2:Tinderの有料プランの使い方」

Tinderのスワイプ画面にある5種類のマーク・コマンドの使い方

Tiderのスワイプ画面では、プロフィールを見て「Like!(好き)」など、どう思ったのかを表現することのできる5種類のマーク・コマンドがあります。

それぞれのマーク・コマンドにはどのような意味があり、どう利用するのかについて一覧表にしてみましたので、Tinder利用時の参考にしてくださいね。

マーク・コマンド 説明

Like(ライク)
所謂「いいね!」です。
【いいね!を送れる数】
有料会員…無限
無料会員…120個※120個は12時間後に回復
※Likeを送っても相手に通知はされません。

Nope(ごめんなさい…)
「ごめんなさい…」です。
左へスワイプでもNopeとなる。
一度Nopeした相手とは、マッチングされることはない

Super Like(スーパーライク)
「スペシャルいいね!」です。
Like!よりも強い「いいね!」で、送った瞬間に相手に届くので、マッチング率が倍増!
【スペシャルいいね!を送れる数】
有料会員…5個
無料会員…1個 ※使用すると12時間後に回復

Rewind(リワインド)
Nope(ごめんなさい…)した相手を一人分だけ戻すことができる。
有料会員…利用できる※1日の回数制限なし
無料会員…利用できない

Boost(ブースト)
異性の表示画面に30分間だけ優先的に表示される。マッチング率を高めるためには必須。
有料・無料会員ともに1回480円

Tinderマッチング画面の使い方・見方

Tinderを利用すると以下のようなマッチング画面が表示され、どんな人とマッチングしていてメッセージのやり取りができているのかなどを確認しながら利用することができます。

「Tinderマッチング画面の使い方・見方」

マッチング画面を見てみると、相手の写真・プロフィールのところにマークが表示されていると思います。

表示されているマークは5種類あり、相手との出会いで使用したマーク・コマンドどんな風に出会ったのかを目視することができます。

その5つのマーク・コマンドの意味を以下の表にしました。

マーク・コマンド 説明

Super Like(スーパーライク)
スーパーライクを使ってマッチングした人

いいね!
「いいね!」をくれた人の一覧を使ってマッチングした人

Boost(ブースト)
ブーストを使ってマッチングした人

Top Picks
Top Picksからマッチングした人

その他
上記以外または、普通のスワイプ画面「Like」を使ってマッチングした人

※「Top Picks」について
Tinderがおすすめの相手の会員を10人表示してくれる機能で、ここから選んで「Like(右にスワイプ)」または「Super Like」を送ることができる機能です。
注意点として、Super Likeが無料になるなどの特典はなく、表示される相手は0時にリセットされます。

フィードについて

Tinderでは、「フィード」と言われる機能も搭載されています。

「フィード」は、マッチングした相手が、写真の変更などプロフィールなどに変更が生じた際にその更新情報が配信されるサービスで、「最新トピック」としてマッチングした人の最新情報を得ることができる機能です。

「Tinderのフィード機能」

Tinderの使い方を紹介しましたが、説明の必要がないくらい感覚的に使うことができるとても使いやすいマッチングアプリだということがわかったのではないでしょうか。

Tinderのような使い方で、さらに気軽に楽しむことのできるマッチングアプリといえば、「タップル誕生」です。

タップル誕生の特徴は、

  • アプリの使用方法がTinderと似ていて簡単!
  • 20代女性女性の支持率はTinderよりも高く、利用者が多いので出会いやすい
  • 恋人を探したいという人が利用している

となっています。Tinderを利用してみたけれどなかなか好みの相手を見つけられない。出会えないという場合は、利用者の多い「タップル誕生」の利用をおすすめします。


目的 デート活
基本料金 (男)0~3,700円/月
(女)無料
年齢層 20~30代が多い
会員数 400万人
マッチング数 毎日25万組
運営会社 株式会社タップル
(サイバーエージェント)

 

Tinderの有料プランの使い方

Tinderは、無料でも多くの出会いを実現させることのできるマッチングアプリですが、有料プランを利用すればさらに効率的に理想の相手との出会いを実現させることができます。

Tinderの有料プランには2つのプランがあり、料金はもちろん利用できるサービスにも違いがあるので、一覧表にしてみました。

無料プランでも満足だけど、有料プランも気になるという人は下記を参考に有料プランの利用を検討してみてはどうでしょう。

Tinder Gold Tinder Plus
料金
  • 1ヶ月…1,700円/月
  • 6ヶ月…983円/月(5,900円)
  • 12ヶ月…775円/月(9,300円)
  • 1ヶ月…1,100円/月
  • 6ヶ月…700円/月(4,200円)
  • 12ヶ月…567円/月(6,800円)
Like無制限
Like you
Super Like 5回/月 5回/月
広告非表示
ブースト 1回/月 1回/月
プロフィール表示設定
リワインド無制限
世界中スワイプ

2種類ある有料プランの違いは、「Like you」という自分に「Like!」をしてくれた人を閲覧できるかどうかです。

ただ闇雲にプロフィールを見ていいなと思う人に「Like!」のアクションをするよりも、自分に「Like!」をしてくれた人の中からいいなと思える人を選ぶ方が効率的ですし、マッチングの確率も高くなるので、有料プランを利用する価値は十分にあると言えます。

Tinderに課金はするべき?上手な使い方

Tinderを利用しようと思っている人は、課金して有料プランに申し込むべきか悩むところだと思います。

Tinderを利用して少しでも早く本気で出会いたいという気持ちで始めるのなら、課金して有料プランの利用がおすすめです。

しかし、本気で出会いたいけれどTinderが自分にあっているのかわからないし不安という場合は、無料会員からの利用をおすすめします。

Tinderは、無料会員でも十分に楽しむことができますが、実際に利用してみて「もう少し」と思ってから有料会員へ転向するようにするといいですね。

また、ワクワク・ドキドキした楽しい恋愛以上に、結婚に繋がる本気の恋愛や結婚相手を見つけたいという場合は、Tinderではなく別のマッチングアプリも利用してみましょう。


目的 デート&恋活
基本料金 (男)無料
(女)無料
年齢層 20~40代と幅広い年齢層
運営会社 株式会社マッチグループ

 

本気の「恋愛」「結婚」がしたい人向けマッチングアプリ

Tinderは、楽しく簡単に出会いを見つけることのできるマッチングアプリですが、利用者の多くは遊び相手を求めた目的の人が多いという特徴もあります。

そのため、本気でひとりの人と出会い「恋愛」「結婚」へと発展させていきたいという目的でマッチングアプリを利用したいという場合は、これから紹介するマッチングアプリを積極的に利用してみましょう。

マッチングアプリは、どれかひとつに絞って利用する必要もないので、本気の出会いだけではなく遊びの出会いも楽しみたいという人は、Tinderと掛け持ちというのもいいかもしれませんね。

ペアーズ


目的 恋活
基本料金 (男)3,590円〜/月
(女)無料
年齢層 20~30代が多い
会員数 累計1,000万人
運営会社 株式会社エウレカ

 

ペアーズは、マッチングアプリの中でも日本国内の会員数が1,000万人、成立したカップルも国内最多の25万人という日本国内ではNo.1とも言えるアプリです。

監視体制も24時間365日と整っているので安心して出会いを求めることができます。居住地にかかわらず、同じ価値観や趣味を持つ人と出会うことも可能なマッチングアプリです。

with


目的 恋活
基本料金 (男)0~3,600円/月
(女)無料
年齢層 20代が多い
会員数 250万人
運営会社 株式会社イグニス・アイビー

 

メンタリストとして人気のあるDaigoが監修したとして話題となっているマッチングアプリwith(ウィズ)は、Daigo監修の心理テストをもとにベストな相手をマッチングすることができるので、数あるマッチングサイトとは違った出会いを実現できると人気があります。

色々なマッチングアプリを利用したり、合コンや街コンなどを利用してもなかなか恋愛に発展しないという人は、心理テストを利用した出会いに挑戦してみてはどうでしょう。

Omiai


目的 恋活&婚活
基本料金 (男)0~3,980円/月
(女)無料
年齢層 20代後半〜40代
会員数 400万人
運営会社 株式会社ネットマーケティング

 

Omiaiは、結婚願望のある人が利用していることでも知られているマッチングアプリなので、結婚に繋がる真剣な出会いをしたいという人におすすめです。

また、一般的なマッチングアプリと比べると、遊びを目的とした出会いのために利用する人を排除するシステムが整っているので、安心して利用できると評判も良いです。

Omiaiを利用している人の傾向として、真剣な恋愛や結婚を望む落ち着いた雰囲気の人が多く、きれいな人やイケメンが多いとも言われています。

Tinderの使い方のよくある質問

最後に、Tinderを利用した人や、利用している人が感じる使い方の疑問点などよくある質問の中でも特に多くの人が感じる質問をいくつか紹介します。

Q:Tinderで恋人は作ることができますか?

Tinderは遊び目的で利用する人が多いと言われていますが、多くの出会いが待っているので、その中から恋人を作ることは十分可能です。

出会い方がTinderというマッチングアプリというだけで、人との出会いはあくまでも縁という部分が多く、その出会いの縁が真剣な恋人に発展したり、結婚相手となることも珍しいことではありません。

Q:Tinder(ティンダー)を退会/アカウント削除する方法は?

Tinderを利用して出会いを果たすことができたという人や、もう必要がなくなったという人は、設定ボタンを押し設定画面を開き、画面を一番下までスクロールしてみましょう。

アカウントを削除」という部分を選べば、これまで使用したアカウントを削除し、退会することができます。

Q:ティンダーはFacebookの友達にバレる?バレない?

ティンダーには、Facebookを連携させることによって会員登録とアプリの利用を簡単にできるようになりますが、そうするとFacebookの友達にバレてしまう心配はないだろうかと不安に思う人が多いようです。

Facebookには、友達がどんなアプリを使用しているのかを知ることのできる機能が搭載されていますので、その機能によってTinderを使用していることが友達にバレる心配があります。

「Tinder Facebook登録」

友達にバレたくないという場合は、Facebookの設定からアプリの使用表示範囲を「友達」から「自分のみ」に設定し直しておくことでバレる心配がなくなりますので、まずはその設定をしっかりしておきましょう。

Tinderの使い方をマスターして出会いを見つけよう! まとめ

Tinderの使い方を登録するところからひとつずつ説明してきましたが、特に難しいと思えるような部分はなかったのではないでしょうか。

Tinderは、どんな人でも感覚で操作することができるので、気軽に楽しむことができます

しかし、少しでも早く効率的に素敵な人と出会いたいという場合は、使い方を熟知したうえで、時には有料プランも取り入れながら利用することをおすすめします。


目的 デート&恋活
基本料金 (男)無料
(女)無料
年齢層 20~40代と幅広い年齢層
運営会社 株式会社マッチグループ