Tinder

Tinder(ティンダー)の要注意人物を避けてイケメン、美女、外国人と出会うには?危険な事例&見分け方を徹底調査

Tinder(ティンダー)の要注意人物を避けてイケメン、美女、外国人と出会うには?危険な事例&見分け方を徹底調査 | LoveMA!(ラブマ!)

Tinder(ティンダー)には、いろいろと面倒な『要注意人物』が潜んでるって知ってましたか?

でも、イケメン・美女・外国人と完全無料で出会えちゃう貴重なマッチングアプリですから、使いこなしていきたいですよね~

ここでは、ヤバい奴にはひっかかりたくない!会う前に気づきたい!という人へ向けて

  • 被害者多数!?危険な要注意人物12選
  • Tinderのプロフィール、写真、メッセージから見抜く方法
  • 厄介な相手に遭遇しちゃったときの対処法

などをまとめてご紹介していきます。

実際、始めたばかりの時って、経験ないから危険度が分からないんですよね。

当ページを読めば、あらかじめリスク回避できますので、一度目を通しておいて、あとは気軽に出会いを楽しんじゃいましょう!

記事後半に、実際に騙されてしまったTinderユーザーの方から寄せられた要注意人物情報を掲載していますので、ぜひ参考にしてください!

Tinderは「遊び」「セフレ」etc..ライトな友達探し向けマッチングアプリです!

ヤリモクも少なからず存在していますので、まじめな出会いをしたい人にはあまり向いていません。

安心して恋活・婚活したいという人は、下のページで紹介している安全に利用できるアプリを参考にしてみてくださいね。

安全なマッチングアプリを紹介!安全なアプリの選び方やトラブル回避の方法を紹介

このページの目次

Tinder(ティンダー)に生息する要注意人物12選

マッチンアプリには、要注意人物と言われる人が少なからずいることは、口コミ・評判でも報告されています。

Tinder(ティンダー)を利用している人の口コミ・評判にも、危険人物がいるという声がチラホラ聞こえてくるので利用の際には注意が必要です。

しかし、注意が必要と言われても「どう注意すればいいのかわからないし、結局はマッチングアプリを利用しないのが1番なの?」と思う人もいると思います。

まずは、要注意人物とはどういう人物でどんなリスクがあるのかという正しい知識を得ることが重要なので、Tinder(ティンダー)に生息する要注意人物について解説していきますね。

芸能人並み!写真盛りすぎ偽イケメン・美女

男女問わずプロフィール写真を盛りすぎる人がいます。

  • イケメンで外国人風の雰囲気で素敵だなと思っていたら、バリバリの日本人だった
  • 芸能人のように可愛いと思って実際に会ってみたら、写真と全然違っていた

というケースは、ある一定数はいるようです。

ただ、プロフィール写真と違っていたというだけで、特別怖い思いや危険な体験をすることはありませんが、残念に思うことが多いです。

実は既婚者、彼氏彼女持ち

https://twitter.com/shizuku97172910/status/1261240092204470272?s=20

ティンダーを含めマッチングアプリを利用する場合、既婚者は規約違反となっているのですが、それでも既婚者が紛れ込んでいる場合があります。

また、彼氏や彼女持ちにも関わらず、ワンナイトやセフレの関係を求めて利用している人もいるので注意が必要です。

配偶者や彼氏彼女持ちの人は、自分の身元を知られたくないという心理が強く働くので、プロフィールも簡素なものになっていることが多かったり、人の目に触れるようなところで会いたがらない傾向があります。

パートナーがいる相手と出会ってしまった場合、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるので要注意です。

「いい店知ってる」について行ったらぼったくりバー

https://twitter.com/tindernn/status/1268918767267885056?s=20

マッチングからメッセージのやり取りを行っている間は、危険人物と感じる部分を一切感じさせないので、安心してデートの約束をして実際に会うところまでは出会ってよかったと思います。

しかし、そのうちに「いい店を知っている。」と知り合いのお店に連れていかれた先がぼったくりバーで、はじめて危険人物だったと知る人が多いケース。

信頼関係ができるまでは、相手の知っている店に行くのは要注意です。

マルチ商法、ネットワークビジネス、宗教などの勧誘

マルチ商法やネットワークビジネス、宗教などの勧誘のためにマッチングアプリを利用している危険人物も利用者の中にはいると言われています。

このような勧誘のために利用している人の手口は、プロフィールから違う傾向があります。

「人生一度切り」「人生が豊かになって幸せ」「ストレスフリーの生活をしています」など、ごく普通に生きている人にとってキラキラした文章を書いていることです。

このようなプロフィールを書いていなくても、実際に会ってみると、ビジネスの話を持ちかけたり、お世話になっている先生や恩人の講演会があるけど一緒に行かないかと誘われることが多いです。

最近では、仮想通貨の話を持ちかけるケースも多いので、注意するようにしましょう。

個人情報を盗みとる売買業者

ティンダーに限らずマッチングアプリで出会いマッチングした相手とは、ある程度やり取りを重ねるとLINE交換を行うのが一般的ですが、LINEにをはじめとする連絡先の交換を目的とした危険人物がいます。

個人情報を盗み取る売買業者で、LINEのIDや電話番号などの個人情報を読み取り、どこかに売り渡しており、男女ともにイケメンや美人でとても魅力的に見えます。

  • アプリ上でのやり取りではなく、すぐにLINEなどの連絡先の交換をしたがる
  • アプリの利用ができないからと、別サイトへ誘導される

などのケースが多いので、そのような人に出会ったら注意が必要です。

ホスト、ガールズバーの営業

ホストやガールズバーで働く人が、新規顧客を獲得するための手段としてマッチングアプリを利用するケースがあります。

ホストやガールズバーの場合、プロフィールだけでは危険人物とはわかりづらく、

「可愛い女の子とマッチングできた!」
「イケメンと知り合うことができて嬉しい!」

と思って実際に会ってみると、「店に来ない?」と自分が働いているお店へ誘ってきます。

ホストやガールズバーの営業で利用している相手とマッチングし、仲良くなれたとしても、それは純粋な出会いや恋愛ではないので、お客以上の関係になれることはありません。

サクラサイトへ誘導する手口の詐欺

プロフィールの写真や自己紹介など、特に危険人物に感じられない人の中にも危険人物は潜んでいます。

マッチングが成立し、メッセージのやり取りを始めてみると、アプリの調子が悪いからなど「それなら仕方がない。」という理由から指定されたサイトに行ってみたらサクラサイトだったというケースもあります。

サクラサイトへ誘導され、言われるがままにそのサイトに行くと、

  • 個人情報が漏れてしまった
  • サクラサイトで課金を要求される

などの被害に遭ってしまいます。

友達作りアピールするヤリモク男

プロフィールの自己紹介などでは、サクラや業者かもしれないという危険人物の雰囲気はありません。

逆に、

  • 女性が好みそうな職業(医師や弁護士など)
  • 年収1,000万円以上

と高スペックであることをアピールするケースがありますが、「友達からはじめましょう!」など、恋活や婚活というよりは、友達作りをアピールする傾向があります。

友達作りをアピールするヤリモク男は、マッチング後にすぐにデートをしたがったり、連絡先の交換をしたがります。

また、お酒を飲むような場所や、金土の週末の夜、21時以降からのデートなどを求めてきて、最初のデートからホテルに誘われることが多いです。

援デリ、パパ活女

援デリやパパ活女も男性の立場としては危険人物として注意が必要です。

若くて可愛い女の子とマッチングすることができたり、モデルのようにキレイな女の子とマッチングできて喜んだのも束の間、実際に会うと金銭を目的に「パパ活」や「援デリ」を求めてくるケースがあります。

金を脅し取る隠れ高校生

通常、高校生はマッチングアプリを利用することはできません。

しかし、ごく稀に高校生が危険人物として紛れていることがあります。

10代ということは知っていたけれど、高校生ではないと安心して関係を持ってしまうと、その後、自分が高校生だったことを打ち明け、犯罪だからと金銭を要求してきます。

感情をコントロールできないメンヘラ男女

業者やサクラ、ホストやパパ活などとは違った危険人物として注意したいのが、感情をコントロールできないメンヘラ男女です。

メンヘラは、精神状態が不安定な人で、

  • 極度の寂しがり屋
  • 嫉妬しやすい
  • 束縛がすごい
  • 自分の思い通りにならないとヒステリックな発言や行動を起こす

など、ちょっと厄介な人です。
このような人と出会い、依存されてしまうと大変です。

プロフィールなどに、寂しがりやであることや、誰かにかまってほしいという雰囲気を出している人は要注意です。

合コンの人数調整員

合コンの人数調整でマッチングアプリを利用している人もいます。

合コンの人数調整員としてマッチングアプリを利用している人は、恋活や婚活で利用している人と、プロフィールはもちろん、マッチング後のメッセージのやり取りも不自然なところはありません。

しかし、ある程度仲良くなってから、

「今、お手伝いしているイベントがあるんだけど、来てみない?」
「会費が安いから一緒にイベントに行かない?」

など、なにかのイベントに誘って来る傾向があるので要注意です。

Tinderのプロフィール、メッセージで要注意人物を見分ける方法

ここからは、先程紹介した要注意人物をTinderのプロフィールやメッセージから見分ける方法を紹介します。

もしも要注意人物と感じたら、すぐにやり取りをするの止めて、Tinderの運営側へ通報または、相談するようにしましょう。

写真がやたらイケメン・美女

プロフィール写真を見ると、男女ともにマッチングアプリを利用しなくても出会えるだろうというくらい、イケメンや美女だと思う人がいます。

Tinderのイケメン美女の特徴

このようなプロフィール写真を掲載している人の中には、自分の写真を使わずに外国人や芸能人の写真を掲載している人がいたり、写真に過度な加工を行っている人がいます。

  • プロフィール写真が1枚しか掲載されていない
  • 目元など不自然な部分がないかをじっくり見てみる
  • 画像検索して同じ写真がネット上にないかを確認する

などで、対策してみましょう。メッセージの中で、もっと色々な写真を見てみたいと要求してみるのもひとつの方法です。

顔写真なし・顔が隠れている

Tinderのプロフィールを見ていると、写真は掲載されているけれど顔がハッキリわからないものだったり、顔写真そのものを掲載していない人がいます。

Tinder顔写真ない人の理由

また、「そうなんだ。」と思わず納得してしまいそうな理由で、顔写真はマッチング後に直接送る人もいます。

マッチングアプリを利用して顔写真なしという人の多くは既婚者や彼氏彼女持ちの可能性が高いと思って、あえてマッチングしないようにするのが安全です。

プロフィールにLINE IDを載せている

通常マッチングアプリのプロフィールには、LINE IDや電話番号を載せるのはNGとなっています。しかし、そのような個人情報を載せている人がいます。

TinderプロフィールにLINEを載せている人の目的

LINE IDをプロフィールに載せている人は、業者の可能性が高いです。LINE IDをプロフィールに載せているから直接すぐに連絡のやり取りができると喜んではいけません。

LINE IDなどをプロフィールに載せている人とは関わらないようにするのが、要注意人物と出会わない方法です。

稼いでることをアピールしている

自分自身が稼いでいて裕福な暮らしをしていることをプロフィール写真でアピールしていたり、自己紹介でも自由に生きていて充実しているなど「いいな」と憧れの気持ちを持つようなプロフィールを掲載している人がいます。

Tinderで稼ぎアピールしている人の目的

「羨ましいな。」
「自分もそんなふうになりたい。」

という心理を利用し、マッチング後から稼げる副業の紹介や、投資などの怪しい儲け話を持ちかけてくるので、プロフィールに自分の充実した生活ぶりや稼いでいる雰囲気を出している人とはマッチングしないようにしましょう。

電話番号やLINE交換を持ちかけてくる

Tinderでマッチング後、すぐに電話番号やLINEの交換を持ちかけてくる人は要注意人物の可能性が高いです。

Tinder個人的な連絡先を求めてくれる人の目的

LINE IDや電話番号などを得るために、アプリのメッセージではできない

「自分の写真を送るから」
「直接話しがしたい」
「マッチングできたからTinderを辞めたい」

という理由を並べて、連絡先を知りたがります。

まだ親しくなっているわけでもないのに、何かしらの理由を並べてLINE IDや電話番号を欲しがる場合、個人情報売買業者や詐欺の可能性があるので関わらないようにしましょう。

URLやQRコードを送ってくる

Tinderを利用している要注意人物の中には、マッチング成立後すぐのメッセージにURLやQRコードを送ってくる人がいます。

Tinderで謎のリンクを送って来る人の目的

マッチングアプリの利用経験が少ない人や、要注意人物に対する知識があまりない人は、メッセージの中にURLやQRコードが送られてくると「なんだろう。」と特に意識することなくアクセスしてしまうことがあります。

これが、業者の手口のひとつで、何気なくアクセスしてしまったために、個人情報が抜き取られたり、高額な利用料を請求されるケースもあるので注意が必要です。

女性からメッセージを積極的に送ってくる

男性にとっては、女性から積極的にメッセージが届くと嬉しく感じるかもしれません。

しかし、残念ながら女性から積極的にメッセージが届く場合、注意が必要です。

Tinder積極的にメッセージしてくる女性の目的

純粋な出会いではなく、援デリやパパ活のケースがあったり、業者の可能性もゼロではありません。

金銭を要求されたり、ぼったくりバーや自分の顧客獲得のために利用している可能性が高いので積極的な女性は要注意です。

すぐに会いたがる

Tinderに限らず、マッチングアプリの出会いは、マッチング後にメッセージのやり取りを重ねてデートの約束をするというのが一般的で、段階を経て本当に会うことになります。

Tinderすぐに会いたがる人の目的

そのため、マッチング後に即デートを求めてくるような人は、男性・女性を問わず純粋な出会いを求めているのではなく、何かしらの目的があることがほとんどです。

直接会うことに急いでいたり、こだわる人は危険人物として注意するようにしましょう。

待ち合わせに知り合いを連れてくる

マッチング後、メッセージのやり取りを経て、実際に会う約束をして待ち合わせ場所に行ってみると、その相手の知り合いが一緒にいるケースがあります。

Tinder知り合いと待ち合わせしてる人の目的

初めて会うにも関わらず、

  • 知り合いを同席させる
  • 偶然を装った風に知り合いを合流させる
  • 別の場所に連れて行こうとする

というケースは、マルチ勧誘やネズミ講、ネットワークビジネスや宗教の勧誘などのケースがほとんどで、断りにくくさせるシチュエーションを作るように仕組まれています。

このような状況になったら、一刻も早く解散するようにしましょう。

あやしいと思ったら相手を検索してみる

Tinder を利用している中で、「あれ?もしかして危険人物かも。」と不審に思ったら、相手のプロフィールをもとに、画像検索やTwitterでその相手のことを調べてみるようにしましょう。

もしも、以前にも危険人物として認知されている人の場合、その情報があがっていることが多いですし、嘘のプロフィール写真を掲載している場合「画像検索」ですぐにわかるので、相手検索は習慣にしておくと安心です。

Tinderで要注意人物に遭ってしまった時の対処法

Tinderでは、安心して利用し出会いを果たすことができるようにと、コミュニティ規則というものを設けています。

そしてそのコミュニティ規則の中で、禁止行為というものを指定し、その禁止行為をしたユーザーは、使用禁止となります。

禁止行為は、

  • プロフィールや写真に性的なものを妄想してしまうようなものを掲載する
  • 他のユーザーに対しての暴言や嫌がらせ、ストーカー行為や脅迫などの行為
  • 身体的、精神的暴力と思われる言動や行為
  • ヘイトスピーチ
  • 個人情報を掲載する行為
  • 身元を偽ったり、外部サイトへの誘導行為
  • 営利目的の性的サービス、人身売買などの行為
  • 詐欺行為
  • なりすまし
  • 18歳以下の未成年者
  • 著作権および商標の侵害行為​
  • 不正行為での利用
  • 複数アカウントの所持
  • Tinder以外で開発されたアプリを利用してTinderアプリの利用

などで、このような行為をTinder内で行った場合、利用することができなくなります。

もしもマッチング前後や、実際に会った時に規約違反行為を行っている相手を見つけたり、出会ってしまった場合の対処方法についても紹介しますね。

対処法①マッチング前に気づいた場合

マッチング前に要注意人物であることがわかった場合や、怪しいと思った場合は、通報しましょう!

Tinderプロフィールから通報の手順

通報の方法はとても簡単です。

まず、相手のプロフィール画面の下に「◯◯さんを通報」という部分をタップします。

どういう理由で通報するのかを、

  • 不適切な写真
  • スパムだと思う
  • その他

以上の3つの中から適切だと思うものを選び通報完了です。

運営側が、不適切な利用者なのかの調査をしたうえで、利用停止などの措置をとりますが、通報したことは相手にはわかりませんので、要注意人物ということがわかったら通報するようにしましょう。

対処法②マッチング後に気づいた場合

マッチングするまでは、要注意人物ということがわからず、マッチング後に気づいてしまった場合も、その時点で通報するようにしましょう。

Tinderメッセージから通報の手順

マッチング後なので、メッセージのやり取りができる状態になっています。

メッセージ画面から右側に現れる黄色の旗マークをタップすると、通報内容として、

  • 不適切なメッセージ
  • 不適切な写真
  • スパムだと思う
  • その他

以上の中から該当するものを選ぶことで、運営側に連絡がいきます。

マッチング前の通報と同じく、相手に知られることはありませんので安心して通報するようにしましょう。

対処法③オフラインで会って気づいた場合

デートの約束をして実際に会ってみたら、要注意人物だったということもあります。

そのような場合は、急用ができてしまった、体調が悪くなったなど適当な理由をつけて、すぐに解散するようにしましょう。

緊急を要するような場合や、危険がある場合は警察に相談するようにしましょう。

緊急性がない場合は、

以上のどちらかの方法で通報します。

特に、実際に会う段階まできたから、マッチ解除済みという場合は、以下の方法でカスタマーサポートへ連絡するようにしましょう。

Tinderのカスタマーサポート「リクエストを送信」画面
  1. 困ったことを選択(安全やプライバシーに関する懸念など)
  2. どんな問題なのかを選択(オフラインでおきたことの報告など)
  3. メールアドレス、報告したいこと、具体的な内容

などを入力し、相手のプロフィール画像などがあったら、スクリーンショットを撮り添付して送信します。

Tinder(ティンダー)の要注意人物まとめ

Tinder(ティンダー)に存在する要注意人物について紹介しましたが、こんな要注意人物がいるならTinderの利用は怖いと思った人もいると思います。

しかし、Tinderに限らずマッチングアプリには多かれ少なかれ要注意人物は存在するので、どんな人が要注意人物なのかの知識と対策方法を得ておくことが自分を守るためには必須です。

マッチングアプリにいる要注意人物に関する知識を持っておくことは、自分の危険を未然に防ぐことにも繋がるのでしっかり理解しておくようにしましょう。

Tinderでも出会いを果たすことは充分可能ですが、もっと多くの出会いを見つけたいという場合は、他の遊び相手探し向けのマッチングアプリを併用することでさらに効率的に出会うことができるようになります。

Tinderと同じく、気軽に遊べる相手を見つけたいなら「タップル誕生」がおすすめです。

タップル誕生は、10代~20代と若い年齢の人が多く利用しているマッチングアプリなので、気軽な出会いを存分に楽しむことができちゃいます。


目的 デート活
基本料金 (男)0~3,700円/月
(女)無料
年齢層 20~30代が多い
会員数 400万人
マッチング数 毎日25万組
運営会社 株式会社タップル
(サイバーエージェント)

 

Tinderやタップル誕生を含めて、もっと色々なマッチングアプリの中から、遊びに最適なマッチングアプリを見つけたいという場合は、こちらをご覧ください。

遊びたい男性におすすめのマッチングアプリを紹介!遊び目的の女性の見極め方や出会い方も