With

【男女必読】with(ウィズ)でマッチングしない原因とマッチ率を倍増させる5つの方法~マッチング後のコツも

【男女必読】with(ウィズ)でマッチングしない原因とマッチ率を倍増させる5つの方法~マッチング後のコツも

with(ウィズ)で全然マッチングしない…
どうしたらマッチできるの…

withに登録してもマッチングしないことには出会いを実現できませんよね。

そもそも、なんでマッチングしないのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで当記事では、「withでマッチングしない原因」「マッチ率を倍増させる方法」をご紹介していきます。

マッチングしなくて困っている男性・女性の方、必見です!

さらに、マッチング後の重要なポイントについても解説していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね!

with(ウィズ)でマッチングしない5つの原因

with(ウィズ)を活発に利用してるのに、全然マッチングしない、全く出会いが実現しないのは、何が原因なのでしょうか。

マッチングしない原因として考えられる具体的な例を、次より5つ紹介しましょう!

モテないプロフィール写真を使用している

withのプロフィールページにアップしてる写真がパッとしない場合、マッチング成立する可能性が低くなります。

人は見た目じゃないと言いつつも、見た目はその人のパーソナリティが滲み出る重要な要素です。

withの世界でもそれは同様で、その人の第一印象は写真で決まるといってもおおげさじゃありません!

それなのに、いい加減な写真をアップすると、それだけで印象は良くならないでしょう。

モテないプロフィール写真は、以下のような例です。

  • 顔がわかりにくい
    写ってる顔が小さい、アップにし過ぎ、暗いなどが理由で顔がわかりにくい場合、どんな人か判断できなくてスルーされてしまいます。
  • 顔が無表情、キメ顔
    無表情は怖い、キメ顔はキモいと思われてしまいます。
  • 不潔
    撮影場所の部屋が汚い、髪型や服装がだらしない雰囲気の人に好印象を持つ人はいないですよね。見た目だけじゃなく普段の生活もだらしないという烙印を押されます。
  • 自撮り
    鏡に自分を写した写真はウケが悪いので避けましょう。
  • 集合写真、異性と写ってる写真
    集合写真は誰が本人かわかりにくい、見にくいからNGです。異性と仲良さげな写真をみて、面白いと思う人はいないでしょう。
  • 加工し過ぎ
    いくら顔写真を加工しても実際に会った時にバレてしまうので無駄です。また、snowなどを使った加工は顔がわからない事に加えて、イタいと思われる可能性が高いです。

以上のような顔写真は、男性・女性会員どちらにもあてはまるNG例です。これらNG項目を避けたプロフィール写真を載せるようにしましょう。

自己紹介文が雑または長文過ぎる

withにおいて、写真と同じくプロフィール欄で重要なのが、自己紹介文です。

自己紹介文がスカスカで中身のない仕上がりだと、その人がどんな人間か判断できず、面倒くさがりでだらしない性格だと思われる可能性もあります。

自己紹介文は自分がどんな人間であるかをアピールできる重要な項目なので、しっかりと書く必要がありますよ!

ただし、自分のことをわかって欲しいという思いが強いあまり、長々と書き過ぎるのもNGです。

長文は嫌がられることが多く、自分アピールが強い人と思われて良いイメージにはなりません。

withの自己紹介文スペースは1,000文字まで書くことができますが、300〜400文字程度、長くても500文字ほどでまとめましょう。

性格診断テストを受けていない

withは、メンタリストDaiGoが全面監修を担当しているため、with独自の性格診断が用意されています。

診断結果を材料にして心理学・統計学に基づいた分析を行い、その分析結果を元に自分に心から合う相手紹介をしてくれるんです!

他のマッチングアプリと違い、心から自分にぴったりな相手探しがしやすいのが、withのメリットといえるでしょうね!

でも、性格診断を受けないと、自分にぴったりな相手は見つかりにくくなり、マッチング率も下がってしまいます。

テキトーにいいねを送っている

withに限らずマッチングアプリでは、自分から積極的に動かないと出会いが実現しにくいため、手当たり次第にいいねを送る人もいます。

能動的に行動するのはいいことですが、無差別にいいねだけをしても、なかなかいいねは返ってこないです。

いいねは、以下のような人に付けるといいね返しがくる確率が高いですよ。

  • 性格診断で相性がいい人
  • アクティブユーザー(ずっとログインしてない人にいいねしても意味がない)
  • 足あとを付けてくれた人(足あとを付けた人はこちらに興味がある可能性がある)

以上のような人を狙っていいねを付ければ、マッチング率も高まりやすくなるでしょう!

【男性】無料会員のままで利用している

withは、女性会員だと無料で利用できますが、男性の場合、マッチング後のメッセージのやり取りなどは有料会員になる必要があるんです!

女性会員の立場になっても、マッチングした相手が無料だとメッセージでの交流ができないので、無料会員の男は嫌がる人が多いです。

有料会員は無料会員に比べると、検索結果の上位表示などもあり、有利に活動できますよ。一気に活動の幅が広がるので、有料会員の登録がおすすめです!

with(ウィズ)でマッチングしない!マッチ率を倍増させる5つの方法

それでは、withでのマッチング率を上昇させるには、どんなポイントを押さえればいいのでしょうか。

withでモテるための方法を5つ紹介しましょう。

盛れてるモテ写真を使用する

プロフィール写真は素の状態より少し盛ってもいいので、いい感じに仕上がった写真をアップしましょう。

withでモテる写真のポイントを男女別に説明していきます。

男性のメイン写真は絶対他撮り

男性のメイン写真は自撮りだと不自然な仕上がりになるので、他撮りがベストです。

女性に好まれる写真の具体的なポイントを以下にまとめてみました。

男性のプロフィール写真のポイント
  • 自然な笑顔(柔らかく優しい印象になる)
  • 服装はシンプルに(ブランドものでがっちりキメると嫌味な感じになる)
  • メイン写真は顔がわかる写真
  • サブ写真は体全体、ペットなど趣味がわかるものをアップする
  • 写真の背景にも気を使う(おしゃれなカフェなど)

気合を入れ過ぎてお金のかかった服装、場所(高級過ぎるホテルのラウンジなど)は、返ってウケが悪いので、自然な感じで清潔感のある仕上がりを心がけましょう!

女性は加工と露出を控え目に

女性の写真は、きれいに見せようと加工が当たり前になっている人もいるでしょう。

また、男性ウケを狙って露出度高めのファッションがいいと思ってる人もいるかもしれませんね。

でも、それはどちらもNGです。

加工してもリアルに会えばバレてしまいますし、セクシー過ぎる写真は業者と勘違いされることもあります。

男性ウケする写真の具体的なポイントは以下の通りです。

女性のプロフィール写真のポイント
  • 自然な笑顔
  • 白を基調としたシンプルかつ爽やかなファッションでまとめる
  • 明るい場所で撮影(暗めだと全体的に暗い印象になる)

押さえるべきポイントは男性会員とほぼ一緒ですが、過剰なアピールをせずにナチュラルな感じに仕上げましょう!

親しみやすい自己紹介文に変更する

自己紹介文は、親しみやすく、自分がどんな人間か伝わる文章に仕上げることが大事ですよ!

自己紹介文の作成で大事なポイントは、以下の通りです。

自己紹介文のポイント
  • 全体を通して丁寧語で(タメ口だと親しみやすいどころか嫌な感じになる)
  • ポジティブに(仕事が忙しくて疲れているなどネガティブ要素はNG)
  • 簡潔で読みやすく(長文だとそれだけで読むのを敬遠されることが多い)
  • 短すぎてもダメ、400文字ほどにまとめる
  • 自慢話、自分アピールをしない

基本的な構成としては、挨拶→仕事→趣味→withの目的→最後に挨拶で〆という流れが良いでしょう。

プロフィール項目をできる限り入力する

withのプロフィールは、写真や自己紹介文のほかに、あらかじめ用意された項目が数十個あります。項目の内容は、居住地や出身地、学歴や年収、タバコ・お酒に関してなどです。

任意なので答えなくてもいいのですが、埋めたプロフィール項目が多いほど検索結果に引っかかりやすく、自己紹介文以外で自分がどんな人間か伝えやすい効果があります。

プロフィール項目が会話の材料になる場合もあるので、項目はひとつでも多く答えるようにしましょう!

ただし、タバコを吸っているといったマイナスイメージに繋がりそうなことや、自信がないことをなどは、あえて入力せずに空白にしておくのもアリですよ。

好みカードをたくさん登録する

好みカード

withの特別な機能に「好みカード」があります。

好みカードは、さまざまなジャンルのカードから、自分の好きなことや趣味のカードを登録することで、プロフィールに表示できる機能です。

好みカードを登録しておけば、自分がどんなことが好きなのか、趣味・嗜好をアピールすることができます。

マッチングした人、気になる人が登録しているカードが被っていればいるほど、共通の話題が多いということなので、話題に困ることはないでしょう。

つまり、登録してるカードが多いとそれだけ出会いのきっかけが増えるというわけです!

好みカードは積極的に登録することをおすすめしますが、ギャンブルに関するカードや不誠実・ネガティブなものは、あまりウケが良くないので登録は控えましょう。

性格診断テストを必ず受ける

性格診断

with最大の特徴といえば、心理学や統計学に基づいた性格診断が受けられることです。

性格診断を受けると、その診断結果によって自分がどんな性格でどんな相手がふさわしいかがわかる、他のマッチングアプリでは行われていない機能です。

性格診断を受けると、相性の良い会員がわかるだけではありません。相性が良い相手にはいいね、メッセージ付きいいねを無料で送れるんです!

診断イベントは定期的に行われているので、必ず受けるようにしましょうね!

マッチングしないのはwith(ウィズ)が合ってないからかも?

withは、婚活・恋活を主軸としたマッチングアプリで、利用者の年齢層は20代がメインです。

利用者は気軽な遊び相手探しなどが目的の人は少ない傾向で、真面目な交際を求めている層が目立ちます。

withを利用して続けていても、なかなか理想の出会いが実現しないなら、withとの相性が合わないのかもしれません。

そんな人は、ひとまずwithの利用を休止して、他のマッチングアプリを利用してみることをおすすめします!

with以外にはどんなマッチングアプリがあるのか、当ページおすすめのアプリを次より3つ紹介しましょう!

30代以降の方は【マッチドットコム】

マッチドットコム

マッチドットコムの特徴は、アラサーからアラフィフと会員の年齢層が高めなこと、外国人の登録者が多いことです。

30代以上の年齢で婚活・恋活をしたい人、外国人と交流したい人に向いていますね。

女性も有料なのでそのぶん本気度が高く、カップル成立・ゴールインできる確率が44%なので、真面目な交際を求めている人におすすめです。


目的 婚活
基本料金 (男)0~4,490円/月
(女)0~4,490円
年齢層 30~50代
運営会社 Match.com LLC

 

気軽に出会える【タップル】

タップル

質の高い出会いより、多くの人と出会いたい「量」を重要視する人、気軽な出会いを希望する人におすすめなのが、タップルです。

タップルは、会員の年齢層が10〜20代と若くフットワークの軽いユーザーに人気なので、アプリ内での面倒なやり取りをする必要はないといってもいいでしょう!

オンラインデート機能もあるので、デートの予行練習もできますし、イケメン、美女率が高いので、見た目もちゃんと重視したい人におすすめです!


目的 デート活
基本料金 (男)0~3,700円/月
(女)無料
年齢層 20~30代が多い
会員数 400万人
マッチング数 毎日25万組
運営会社 株式会社タップル
(サイバーエージェント)

 

withと併用におすすめ【ペアーズ】

ペアーズ

マッチングアプリの代表格として業界をリードし続けているのが、ペアーズです。

会員数も多くセキュリティも24時間365日体制で徹底されているので、マッチングアプリ初心者でも安心して利用でき、趣味が合う友達もすぐに見つかります。

真面目なお付き合いから、気軽な遊び友達募集まで、幅広いニーズに応えられるのも、ペアーズの売りです。

マッチングアプリに比べると良心的な料金なので、お金だけ使い続けて誰とも出会えなかったなんて失敗はないですよ!


目的 恋活
基本料金 (男)3,590円〜/月
(女)無料
年齢層 20~30代が多い
会員数 累計1,000万人
運営会社 株式会社エウレカ

 

with(ウィズ)ではマッチング後も重要

withでマッチングした後はメッセージのやり取りが可能になりますが、メッセージの内容がつまらないとすぐにその関係は終わってしまい、リアルでの出会いは実現しません。

メッセージのやり取りでは、相手が話しやすいように質問を振る、自分語りばかりしないことが大事です。

相手のプロフィールによく目を通して、相手が楽しく話せる空気をうまくつくりましょう!

初回メッセージのコツなど、withでのマッチング後のメッセージを成功させるポイントについては、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

内部リンク:With メッセージ(作成中)

with(ウィズ)でマッチングしない原因と対策まとめ

withは会員数も多くマッチング率が高いといわれているマッチングアプリですが、ただ何も考えずに使っていてはマッチングは成立しませんよ!

プロフィールを魅力的にする、診断テストをしっかりと受けるなど、モテるためにいろいろと考えることが大事なんです!

当ページで解説したさまざまなポイントを押さえて、withで理想の出会いを実現させましょう!