GWにおすすめ!関東で穴場の日帰り温泉10選【温泉好き男女50人アンケート調査】

GWにおすすめ!関東で穴場の日帰り温泉10選【温泉好き男女50人アンケート調査】
かねこ

『プチ旅行と言えば日帰り温泉』ラブマ編集部のかねこです。

カップルで行きたい
家族で行きたい
友達と行きたい
一人で行きたい
目次

恋人とロマンチックに温泉デート|カップルにおすすめしたい日帰り温泉

せっかく温泉に行くなら恋人とロマンチックな時間を過ごしたい…!と思う方も多いのでは?

カップルにおすすめしたい日帰り温泉を紹介します!

金乃竹 塔ノ澤(神奈川県)

画像引用元・参考:金乃竹 塔ノ澤

金乃竹 塔ノ澤は客室露天風呂&夕食付きの日帰りデートプランがあります!『シンデレラプラン』というプラン名なのですが、プラン名もおしゃれですね…!

夕食付で日帰りデート♪【シンデレラプラン】料金プラン
公式サイトより一部抜粋
【クラブフロア・空】露天風呂付客室(114-120平米) 禁煙(大人一名)59,400円~
【クラブフロア・雲】露天風呂付客室(68-70平米)禁煙(大人一名)50,050円~
【光】青森檜葉の露天風呂付客室(94平米) 禁煙(大人一名)47,850円~

住所:神奈川県足柄下郡箱根町塔ノ沢191

温泉好き男女50人アンケートでの口コミ

女性(20歳〜24歳)

客室露天風呂付きで敷地周辺は宿泊者しかいない為、非日常が味わえます。客室露天風呂からの景色が良く、客室もデザイナーズのようなシックな作りで雰囲気が良く感じました。
年末の休暇で休息をしたかったので選びましたが、宿泊者専用の橋を渡って宿があるので、とても静かでした。都心からあまり離れず年末にゆっくりできるのは魅力的です。

Twitterでの口コミ

Twitterでも綺麗な写真が投稿されていますね!
大人のための解放区と公式サイトにも記載がありますが、森林の中にそっと佇む建物と別世界に来たような雰囲気が漂っていますね…!

金ちゃん温泉 那須高原 日帰り入浴 (栃木県)

金ちゃん温泉
画像引用元・参考:金ちゃん温泉

金ちゃん温泉は日帰り入浴専門ですが、1時間1,000円(税込み)で温泉付き貸切個室の利用が可能です。

入浴料
お昼の部(16:00まで)大人800円/小人400円
夜の部(17:00以降)大人650円/小人300円
公式サイトより参照

住所:栃木県那須郡那須町高久3370-3125

温泉好き男女50人アンケートでの口コミ

男性(40代)

ゴルフで那須高原に行った際に立ち寄りました。景色が良くて印象に残っています。
個室貸切もできて、コスパも良いのでおすすめです!カップルの日帰り温泉にはピッタリだと思います。那須高原はテーマパークやゴルフ場もありそのついでに是非立ち寄って頂きたい温泉です。

Twitterでの口コミ

温泉までの道のりはが少し大変な方が、より温泉の効果を感じそうな気がしますね(笑)
人が少なめなのも穴場感があっていいですね!

https://twitter.com/toco_kare/status/1579106269687779328?ref_src=twsrc%5Etfw

かんぽの宿 鴨川(千葉県)

かんぽの宿鴨川
画像引用元・参考:かんぽの宿 鴨川

かんぽの宿鴨川は千葉県鴨川市にあります。

2021年3月にリニューアルオープンされました。暖炉を囲む中庭があり、昼と夜ではまた違った楽しみ方ができます。日帰りの入浴や休憩にも個室が使えるので、ゆったりした時間を過ごすことができます。

日帰り入浴・休憩
大人(中学生以上)1,000円
子ども(小学生)500円

住所:千葉県鴨川市西町1137

温泉好き男女50人アンケートでの口コミ

男性(30代)

子供の頃に行きましたが、海が一望できるお風呂があったので今でも印象に残っています。
鴨川には海や鴨川シーワールドがあって、カップル同士楽しめると思いますし、東京駅から高速バス一本で行けるので、カップルで日帰り温泉旅行をしたい方におすすめしたいです。

Twitterでの口コミ

昼と夜、それぞれの良さを感じます…!季節にもよりますが、昼間は中庭で日光浴、夜は暖炉を囲って語らう…なんて楽しみ方もできそうです!

那須温泉元湯 鹿の湯(栃木県)

那須温泉元湯 鹿の湯(栃木県)
画像引用元・参考:『鹿の湯』

那須温泉元湯・鹿の湯は歴史が古く、七世紀前半に開湯されたと言われているそうです。

また建物自体も昭和16年に改築されてからは、現在までそのままの姿となっているとのこと。歴史を感じながら入る温泉は、最高な気分を味わえそうですね。

入浴料金
大人500円
小人(小学生)300円
幼児無料

住所:栃木県那須郡那須町湯本181

温泉好き男女50人アンケートでの口コミ

女性(30代)

那須日帰り旅行のついでに、恋人と立ち寄りました。車があれば一人でも誰と行っても楽しめると思います。レトロな雰囲気で、女湯は温度の異なる5種類の風呂があり、のぼせない限りは時間たっぷり温泉を味わえます。レトロな雰囲気で、とても風情を感じられます。
山の奥地にあるため那須の自然も楽しみながら、都会から離れた気分をより一層味わうことができます。

Twitterでの口コミ

今にも熱々な湯気が伝わってきそうです!
心にも肌にも良さそうな感じがして是非行ってみたい…!

わいわい楽しむ!ゆったり過ごす派!どちらもおすすめ!|家族と行きたい日帰り温泉

「家族でわいわい楽しんだ後に、温泉でリフレシュしたい!」

「家族と癒やされながら、ゆったりした時間の流れを感じ温泉を満喫したい。」

家族と過ごす時間は人それぞれです。それぞれの楽しみ方にあった温泉をご紹介いたします!

さがみ湖温泉うるり(神奈川県)

さがみ湖温泉うるり(神奈川県)
画像引用元・参考:さがみ湖温泉うるり

さがみ湖温泉うるりは相模湖リゾート内にある温泉施設です。相模湖の森に囲まれた自然豊かな立地ですが、新宿駅から約1時間で行くことかできます。

入浴と森林浴の両方を楽しむことができるのも魅力です。

入館料
平日土日祝日/繁忙期
(GW夏休み冬休み春休み)
タオルセットなし大人/900円 小人/500円大人/1,100円 小人/650円
タオルセットあり大人/1,150円 小人/750円大人/1,350円 小人/900円

住所:神奈川県相模原市緑区若柳1634 さがみ湖リゾート内

温泉好き男女50人アンケートでの口コミ

女性(40代)

家族で行くのがおすすめです。遊園地のプレジャーフォレストに隣接していて、温泉を利用すると駐車料金が割引になるサービスも有ります。食事処もあって、露天風呂もあって遊園地で遊んだ疲れを癒やしてスッキリして帰れるのが魅力的です。
プレジャーフォレストで遊んだ後はいつもうるり温泉に寄っていて、普通の温泉は大人な雰囲気のところが多いですが、うるり温泉は遊園地に隣接しているからか、子ども連れが多くてファミリーが利用しやすい雰囲気なのがありがたいです。

YouTubeでのVlog

施設内の様子を紹介しています!

食事処と温泉の両方を楽しみたい方は必見なVlogです!

大江戸温泉物語 ホテルニュー塩原(栃木県)

大江戸温泉物語 ホテルニュー塩原(栃木県)
画像引用元・参考:ホテルニュー塩原

大江戸温泉物語グループの1つ。予約が必要ですが、夕食バイキングを楽しむことができる日帰り温泉プランがあります。食べざかりなお子さんがいらっしゃるご家族でも楽しめること間違いなしです!

日帰り入浴(税込)
平日土日祝
大人750円1,050円
小人(小学生)330円550円
小学生未満無料

住所:栃木県那須塩原市塩原705

温泉好き男女50人アンケートでの口コミ

女性(30代)

滝や自然がたくさんあり、子供や家族みんなで楽しめるので、家族で行くことをおすすめします。
元々昔働いていた事があり、観光大使もしていた時期があります。たくさんの自然や温泉に囲まれマイナスイオンたっぷりで癒されます。都心から直通の高速バスも出ており、田舎だけど以外と都会からアクセスも良いのが魅力です。

YouTubeでのVlog

女子旅のVlogです
広くて迷子になるという口コミもあるそう…!事前に施設の全体像を把握したい方必見です!

あつぎ飯山温泉 元湯旅館(神奈川県)

あつぎ飯山温泉 元湯旅館(神奈川県)
画像引用元・参考:元湯旅館

あつぎ飯山温泉元湯旅館は日帰り温泉人気ランキングでも上位に入る温泉旅館です。

東京からのアクセスも良く、また旅館のディナーを楽しむことができる日帰りプランもあります。ただ日帰りで温泉を楽しむだけでなく、お食事も楽しみながらちょっと贅沢な日帰り温泉プランを計画したい方にはおすすめです。

【ご昼食プラン】チェックイン11:00/チェックアウト15:00
※繁忙期はチェックアウト14:00 (公式サイトより一部抜粋)
湯ったり会席コース(タオル付)Aコース 12,000円(税・サ込)
Bコース 10,000円(税・サ込)
Cコース 7,400円(税・サ込)

住所:神奈川県厚木市飯山4916

温泉好き男女50人アンケートでの口コミ

男性(60代以降)

海老名SAから約20分ですが、ちょっと奥まったところにあります。11時から15時まで日帰り温泉と昼食プランと、16時から夕食プランとありますが、食事のボリューム感はかなりあります。
かなり奥地にあったのであまり期待していなかったのですが、都会から離れた温泉でゆっくり過ごせるため、家族と行くことをおすすめします。

YouTubeでのVlog

奥地にあるということで、道に迷ってしまうのでは…と思う方に是非見ていただきたい!
到着するまでの道のりも運転席の目線で確認することができます!

普段と違う非日常!穴場も紹介!|友人との日帰り温泉におすすめ

友人と行く日帰り温泉は、非日常な時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?
一味違う特別感、穴場な日帰り温泉をご紹介します!

昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉(埼玉県)

昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉(埼玉県)
画像引用元・参考:昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉

名前にもある通り、「昭和レトロ」を味わうことができる温泉です。
地下1700mから湧出するアルカリ性単純温泉で、すべすべでしっとりとした肌触りを感じることができるとか。

入館料金(公式サイトより一部抜粋)
土日祝朝割営業通常営業夜割営業
朝5時~朝8時~夜8時夜8時~
大人/大人会員630円980円/930円500円
子供(小学生)300円400円200円
子供(未就学児)100円200円100円

住所:埼玉県比企郡 ときがわ町大字玉川3700

温泉好き男女50人アンケートでの口コミ

女性(40代)

昭和レトロな色々な置き物を見て懐かしさのあまり、あーだこーだと話せる友人と行っても楽しいと思うし、昔にタイムスリップしたような昭和気分が味わえます!
友人と1日の休みを使って早朝から出かけ心も体も疲れが取れ癒されました。

YouTubeでのVlog

ツーリングで温泉に行くVlogです!
温泉に向かうまでの寄り道も楽しく、日帰りプランの参考になること間違いなし!

秦野市鶴巻温泉 弘法の里湯(神奈川県)

秦野市鶴巻温泉 弘法の里湯(神奈川県)
画像引用元・参考:秦野市鶴巻温泉 弘法の里湯

鶴巻温泉内では希少な日帰り入浴ができる小田急線鶴巻温泉の駅前にある、秦野市公営の温泉施設です。日帰りで楽しみたい方は要チェック!穴場です!

料金(税込表示/公式サイトより一部抜粋)
大人小学生・中学生
2時間コース 入館料
延長は1時間毎200円加算
1,000円
特定日以外の平日は800円
500円
特定日以外の平日は400円
平日 1日コース 入館料
※特定日以外の平日のみ
1,000円500円

住所:神奈川県秦野市鶴巻北3-1-2

温泉好き男女50人アンケートでの口コミ

男性(60代以降)

小田急線鶴巻温泉の駅前にある、秦野市公営の温泉施設です。入浴場が豊富なので、一度友人と行ってみたいと思っています。
また、自転車で宮ヶ瀬湖に行き、途中に温泉によるという日帰りプランを是非試してみたいです。

YouTubeでのVlog

日帰り&貸し切りが格安料金でできるなんてお得…!

大事な時間を他の人に邪魔されず、友人との思い出づくりにぴったりです!

自分の為に時間を取りたい|ひとりでも行ってみたい日帰り温泉

「家族や恋人、友人と温泉を楽しむのもいいけれど、たまには自分のための時間がほしい。身体を労りたい。」と思う方も意外に多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめしたい温泉をご紹介します。

天山湯治郷(神奈川県)

天山湯治郷(神奈川県)
天山湯治郷(神奈川県)
画像引用元・参考:天山湯治郷

現在は、来館者の目的を湯治(温泉による療養)に限っており、グループでの来館はお断りをしているそうです。

しかし、タトゥーや入れ墨をしている方でも利用が可能ですので、身体を労って温泉に浸かりたい、一人で過ごしたいという方にはピッタリだと思います。

ひがな湯治 天山
大人 1,300円(入湯税・消費税込)子供 650円(入湯税・消費税込)
かよい湯治 一休
大人 1,100円(入湯税・消費税込)子供 650円(入湯税・消費税込) 1歳から小学生まで

住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋208

温泉好き男女50人アンケートでの口コミ

女性(40代)

露天風呂の種類が多く、タトゥーが入っていても入浴が可能です。温泉に入った後、ふかふかのクッションの上にごろ寝して爆睡できて最高です。

YouTubeでのVlog

秘境感が伝わりますね!

一人でのんびり秘境を味わう…なんて楽しみ方もできそうです。

状況が変わって、グループでの利用ができるようになった際にも是非オススメしたいです!

【まとめ】関東の日帰り温泉を楽しもう!

温泉好きの穴場&おすすめな関東の日帰り温泉をピックアップしてご紹介しました。

いろんな日帰り温泉やプランがあって迷ってしまいますね!

みなさんも大切な人と一緒に大切なひとときを、日帰り温泉で楽しんでみてはいかがでしょうか?

この記事がみなさんにとって参考になれば嬉しいです!

GWにおすすめ!関東で穴場の日帰り温泉10選【温泉好き男女50人アンケート調査】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ラブマ編集部。恋活、婚活、遊びの出会い、大人の出会いなど幅広くヒトの出会いにフォーカスした記事を執筆中。

目次